Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベバシズマブ(bevacizumab)は、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)に対するモノクローナル抗体である。VEGFの働きを阻害することにより、血管新生を抑えたり腫瘍の増殖や転移を抑えたりする作用を持つ。分子標的治療薬の一つであり、抗がん剤として使用される他、加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症の治療薬として期待されている。ベバシズマブを用いた製剤はスイスのロシュ社と、その子会社であるジェネンテック社によって製造され、「アバスチン(Avastin)」の商品名で販売されている。一方アメリカでは2011年11月、「高血圧や出血などの副作用がある一方で、明確な治療効果が確認されない」として、それまでアバスチンに認められていた乳癌治療への適応が承認取り消しとなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 817681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55859439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L01
prop-ja:atcSuffix
  • XC07
prop-ja:bioavailability
  • -
prop-ja:casNumber
  • 216974 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • 軽鎖(1-214 残基)
  • 重鎖(1-453 残基)
  • (C1034H1591N273O338S6)
  • (C2235H3413N585O678S16)
prop-ja:drugbank
  • BTD00087
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 11.680000 (xsd:double)
  • (10 mg/kg 単回投与)
prop-ja:excretion
  • -
prop-ja:kegg
  • D06409
prop-ja:legalStatus
prop-ja:metabolism
  • -
prop-ja:molecularWeight
  • 149000 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyCategory
  • C(米国)
prop-ja:routesOfAdministration
prop-ja:source
prop-ja:target
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベバシズマブ(bevacizumab)は、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)に対するモノクローナル抗体である。VEGFの働きを阻害することにより、血管新生を抑えたり腫瘍の増殖や転移を抑えたりする作用を持つ。分子標的治療薬の一つであり、抗がん剤として使用される他、加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症の治療薬として期待されている。ベバシズマブを用いた製剤はスイスのロシュ社と、その子会社であるジェネンテック社によって製造され、「アバスチン(Avastin)」の商品名で販売されている。一方アメリカでは2011年11月、「高血圧や出血などの副作用がある一方で、明確な治療効果が確認されない」として、それまでアバスチンに認められていた乳癌治療への適応が承認取り消しとなった。
rdfs:label
  • ベバシズマブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of