Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベネ・イスラエル(Bene Israel)とは、インド原住のユダヤ人を指す言葉である。ヘブライ語では『イスラエルの子』を意味する。最も有名なアジア系ユダヤ人は、「ブナイ・イスラエル(B'nai Israel)」と呼ばれるボンベイのユダヤ人である。この共同体は約1500年前のインドまで遡る。その中心はボンベイ(ムンバイ)とコーチン(コチ)であった。今日インドのユダヤ人は軍、政府、産業で重要な位置にあることが多い(例:インド人民党の安全保障顧問と、ゴア州・パンジャブ州知事を務めたJ. F. R. ジェイコブ中将など)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 172816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55051586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベネ・イスラエル(Bene Israel)とは、インド原住のユダヤ人を指す言葉である。ヘブライ語では『イスラエルの子』を意味する。最も有名なアジア系ユダヤ人は、「ブナイ・イスラエル(B'nai Israel)」と呼ばれるボンベイのユダヤ人である。この共同体は約1500年前のインドまで遡る。その中心はボンベイ(ムンバイ)とコーチン(コチ)であった。今日インドのユダヤ人は軍、政府、産業で重要な位置にあることが多い(例:インド人民党の安全保障顧問と、ゴア州・パンジャブ州知事を務めたJ. F. R. ジェイコブ中将など)。
rdfs:label
  • ベネ・イスラエル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of