Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベヌエ川(Benue River, Bénoué Rivière)は、ギニア湾に注ぐニジェール川の最大の支流。全長約1370kmにわたり、雨季である夏季中の航行が可能。そのため、流域の重要な交通路となっている。チャド現地語で水の母という意味がある。ドイツ人のアフリカ探検家であるエドゥアルト・フレーゲルが1882年9月にアダマワ高地の南部、カメルーン北部のヌガウンデレの北に源流を発見した。源流の位置は、北緯7度30分、東経13度である。ベヌエ川はまず北上した後、ガルア などを通って西に流れ、ナイジェリアに入り、アダマワ州の州都であるヨラ 、イビ (Ibi)、ベヌエ州の州都であるマクルディ (Makurdi) を通過する。コギ州の州都であるロコジャ (Lokoja) でニジェール川に合流する。ベヌエ川の最大の支流はマヨケビ川 (Mayo-Kebbi)。洪水時にはチャド湖水系に属するロゴーヌ川 (Logone) とつながる。なお、1986年にはベヌエ川源流とガルワの間に利水、治水、発電用に高さ40mのロックフィルダムであるラグドダムが建設された。ダムの南には人造湖であるラグド湖が広がる。
dbpedia-owl:elevation
  • 1100.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 192935 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55624930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ベヌエ川
prop-ja:延長
  • 約1,370
prop-ja:標高
  • 約1,100
prop-ja:水源
  • アダマワ高地
prop-ja:水系
prop-ja:河口
  • ニジェール川
  • ((コギ州ロコジャ付近))
prop-ja:流域面積
  • --
prop-ja:流量
  • --
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ヨラ付近のベヌエ川
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ベヌエ川(Benue River, Bénoué Rivière)は、ギニア湾に注ぐニジェール川の最大の支流。全長約1370kmにわたり、雨季である夏季中の航行が可能。そのため、流域の重要な交通路となっている。チャド現地語で水の母という意味がある。ドイツ人のアフリカ探検家であるエドゥアルト・フレーゲルが1882年9月にアダマワ高地の南部、カメルーン北部のヌガウンデレの北に源流を発見した。源流の位置は、北緯7度30分、東経13度である。ベヌエ川はまず北上した後、ガルア などを通って西に流れ、ナイジェリアに入り、アダマワ州の州都であるヨラ 、イビ (Ibi)、ベヌエ州の州都であるマクルディ (Makurdi) を通過する。コギ州の州都であるロコジャ (Lokoja) でニジェール川に合流する。ベヌエ川の最大の支流はマヨケビ川 (Mayo-Kebbi)。洪水時にはチャド湖水系に属するロゴーヌ川 (Logone) とつながる。なお、1986年にはベヌエ川源流とガルワの間に利水、治水、発電用に高さ40mのロックフィルダムであるラグドダムが建設された。ダムの南には人造湖であるラグド湖が広がる。
rdfs:label
  • ベヌエ川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ベヌエ川
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of