Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベトナム戦争(ベトナムせんそう、英語: Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争である。第二次インドシナ戦争とも。ベトナム社会主義共和国では「米国戦争(Chiến tranh Mỹ quốc)」「対米抗戦(Kháng chiến chống Mỹ)」「対米救国戦争(Kháng chiến chống Mỹ cứu nước)」などと呼ばれる。ベトナム戦争は宣戦布告が行われなかったため、戦争がいつ開始されたかについては諸説ある。この戦争は、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営と、ソビエト社会主義共和国連邦を盟主とする共産主義陣営との対立(冷戦)を背景とした米ソの代理戦争でもあった。ホー・チ・ミンが率いるベトナム民主共和国(北ベトナム)側は、南ベトナムを「アメリカ合衆国の傀儡国家」と規定し、共産主義イデオロギーを背景に、ベトナム人による南北ベトナム統一独立国家の建国を求めるナショナリズムに基づく植民地解放戦争であるとした。第一次インドシナ戦争終結後も、北ベトナムが支援する南ベトナム解放民族戦線(アメリカ合衆国民はベトコンと呼称)が南ベトナムで武力を用いた反政府活動を続けたため、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー政権は少数のアメリカ軍人からなる「軍事顧問団」を南ベトナムに派遣した。ジョン・F・ケネディ大統領は軍事顧問団の規模を増大させることで事実上の正規軍の派兵を進めた。リンドン・ジョンソン大統領は大規模な正規軍を送ってベトナム戦争に積極的に介入した。アメリカの他にSEATO(東南アジア条約機構)の主要構成国である韓国、タイ、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドが南ベトナムに派兵した。ソビエト連邦や中華人民共和国は北ベトナムに対して軍事物資支援を行うとともに多数の軍事顧問団を派遣したが、アメリカやSEATO諸国のように前面に出る形での参戦は行わなかった。北朝鮮は飛行大隊を派遣しハノイの防空を支援した。ベトナム戦争をめぐって世界各国で大規模な反戦運動が発生し、社会に大きな影響を与えた。1973年のパリ協定を経てリチャード・ニクソン大統領は派遣したアメリカ軍を撤退させた。その後も北ベトナム・南ベトナム解放民族戦線と南ベトナムとの戦闘は続き、1975年4月30日のサイゴン陥落によってベトナム戦争は終戦した。
dbpedia-owl:casualties
  • 285000 (xsd:integer)
  • 604000 (xsd:integer)
  • 1177000 (xsd:integer)
  • 1490000 (xsd:integer)
  • 1581000 (xsd:integer)
  • 3000000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • 25px|border|アルバニアアルバニア
  • 25px|border|カンボジアの旗カンボジア
  • 25px|border|キューバの旗キューバ
  • 25px|border|スペインの旗スペイン
  • 25px|border|ハンガリーの旗ハンガリー
  • 25px|border|ベルギーの旗ベルギー
  • 25px|border|ポーランドの旗ポーランド
  • 25px|border|モンゴルの旗モンゴル
  • 25px|border|東ドイツの旗東ドイツ
  • 25px|border|西ドイツの旗西ドイツ
  • 25px|border|チェコスロバキアの旗チェコスロバキア
  • 25px|border|カナダの旗25px|border|カナダの旗25px|border|カナダの旗カナダ
  • 25px|border|ユーゴスラビアの旗ユーゴスラビア
  • border|25px南ベトナム解放民族戦線
  • border|25px朝鮮民主主義人民共和国
  • 25px|border|マラヤ連邦の旗25px|border|マラヤ連邦の旗マラヤ連邦
  • 25px|border|イランの旗25px|border|イランの旗イラン
  • ソビエト連邦
  • パテート・ラーオ
  • ブルガリア
  • ベトナム共和国
  • ベトナム民主共和国
  • ルーマニア
  • 援助国:
dbpedia-owl:description
  • (テト攻勢で防御にあたる海兵隊員と南ベトナム軍(1968年))
  • (ベトナム人の犠牲者)
  • (第14歩兵連隊第2大隊の兵士を運ぶUH-1D(1966年))
  • ベトコンが潜伏したと見做され焼却される村落
  • (左上より時計回りで)
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • ベトナム民主共和国側の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 1,400,000
  • 22,000
  • 2500
  • 280,000
  • 3,000
  • 49,968
  • 50,000
  • 548,383
  • 600
  • 6110(10,000?)
  • 800,000
  • アメリカ軍
  • オーストラリア軍
  • ソ連軍
  • タイ軍
  • ニュージーランド軍
  • フィリピン軍
  • 中国人民解放軍
  • 北ベトナム軍
  • 北朝鮮軍
  • 南ベトナム解放民族戦線
  • 南ベトナム軍
  • 延べ1,260,000(1968)
  • 延べ2,000,000(1968)
  • 韓国軍
  • (高射2個師団)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 98326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59230081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • ベトナム戦争
prop-ja:campaign
  • ベトナム戦争
prop-ja:caption
  • (テト攻勢で防御にあたる海兵隊員と南ベトナム軍(1968年))
  • (ベトナム人の犠牲者)
  • (第14歩兵連隊第2大隊の兵士を運ぶUH-1D(1966年))
  • ベトコンが潜伏したと見做され焼却される村落
  • (左上より時計回りで)
prop-ja:casualties
  • 推定戦死者 1,177,000
  • 推定戦死者 285,000
  • 民間人死者 1,581,000
  • 民間人死者 3,000,000
  • 行方不明者 1,490,000
  • 行方不明者 604,000
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
  • ジョン・F・ケネディ
  • 金日成
  • リチャード・ニクソン
  • 朴正煕
  • ホー・チ・ミン
  • border|15pxグエン・フー・ト
  • border|15pxチャン・ヴァン・チャ
  • border|15pxフイン・タン・ファト
  • border|15pxホアン・ヴァン・タイ
  • アレクセイ・コスイギン
  • ウィリアム・ウェストモーランド
  • エルモ・ズムウォルト・ジュニア
  • キース・ホリオーク
  • クレイトン・エイブラムス
  • グエン・カオ・キ
  • グエン・カーン
  • グエン・チー・タイン
  • グエン・バン・チュー
  • ゴ・ディン・ジエム
  • ゴー・クァン・チュロン
  • ジョン・ポール・ヴァン
  • ズオン・バン・ミン
  • タノーム・キティカチョーン
  • チャン・バン・フォン
  • ニキータ・フルシチョフ
  • ハロルド・ホルト
  • ファム・フン
  • フェルディナンド・マルコス
  • フレデリック・ウェイアンド
  • ラム・クァン・チ
  • リンドン・ジョンソン
  • レオニード・ブレジネフ
  • レ・ズアン
  • レ・ドゥク・ト
  • レ・ドゥック・アイン
  • ロバート・マクナマラ
  • ロビン・オールズ
  • ヴァン・ティエン・ズン
  • ヴォー・グエン・ザップ
  • 周恩来
  • 林彪
  • 蔡命新
prop-ja:conflict
  • 第二次インドシナ戦争
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
  • --04-30
prop-ja:place
prop-ja:result
  • ベトナム民主共和国側の勝利
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • 600 (xsd:integer)
  • 2500 (xsd:integer)
  • 3000 (xsd:integer)
  • 6110 (xsd:integer)
  • 22000 (xsd:integer)
  • 49968 (xsd:integer)
  • 50000 (xsd:integer)
  • 280000 (xsd:integer)
  • 548383 (xsd:integer)
  • 800000 (xsd:integer)
  • 1400000 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:フィリピン軍
  • ニュージーランド軍
  • 中国人民解放軍
  • アメリカ軍
  • オーストラリア軍
  • ソ連軍
  • タイ軍
  • 北ベトナム軍
  • 北朝鮮軍
  • 南ベトナム解放民族戦線
  • 南ベトナム軍
  • 延べ1,260,000
  • 延べ2,000,000
  • 韓国軍
  • (高射2個師団)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ベトナム戦争(ベトナムせんそう、英語: Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争である。第二次インドシナ戦争とも。ベトナム社会主義共和国では「米国戦争(Chiến tranh Mỹ quốc)」「対米抗戦(Kháng chiến chống Mỹ)」「対米救国戦争(Kháng chiến chống Mỹ cứu nước)」などと呼ばれる。ベトナム戦争は宣戦布告が行われなかったため、戦争がいつ開始されたかについては諸説ある。この戦争は、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営と、ソビエト社会主義共和国連邦を盟主とする共産主義陣営との対立(冷戦)を背景とした米ソの代理戦争でもあった。ホー・チ・ミンが率いるベトナム民主共和国(北ベトナム)側は、南ベトナムを「アメリカ合衆国の傀儡国家」と規定し、共産主義イデオロギーを背景に、ベトナム人による南北ベトナム統一独立国家の建国を求めるナショナリズムに基づく植民地解放戦争であるとした。第一次インドシナ戦争終結後も、北ベトナムが支援する南ベトナム解放民族戦線(アメリカ合衆国民はベトコンと呼称)が南ベトナムで武力を用いた反政府活動を続けたため、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー政権は少数のアメリカ軍人からなる「軍事顧問団」を南ベトナムに派遣した。ジョン・F・ケネディ大統領は軍事顧問団の規模を増大させることで事実上の正規軍の派兵を進めた。リンドン・ジョンソン大統領は大規模な正規軍を送ってベトナム戦争に積極的に介入した。アメリカの他にSEATO(東南アジア条約機構)の主要構成国である韓国、タイ、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドが南ベトナムに派兵した。ソビエト連邦や中華人民共和国は北ベトナムに対して軍事物資支援を行うとともに多数の軍事顧問団を派遣したが、アメリカやSEATO諸国のように前面に出る形での参戦は行わなかった。北朝鮮は飛行大隊を派遣しハノイの防空を支援した。ベトナム戦争をめぐって世界各国で大規模な反戦運動が発生し、社会に大きな影響を与えた。1973年のパリ協定を経てリチャード・ニクソン大統領は派遣したアメリカ軍を撤退させた。その後も北ベトナム・南ベトナム解放民族戦線と南ベトナムとの戦闘は続き、1975年4月30日のサイゴン陥落によってベトナム戦争は終戦した。
rdfs:label
  • ベトナム戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ベトナム戦争
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:年代 of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:歴史 of
is prop-ja:軍歴 of
is prop-ja:部隊 of
is foaf:primaryTopic of