Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベジタリアニズムとは、健康、道徳、宗教等の理由から肉を排する食生活および主義・思想のことである。日本語では菜食主義(さいしょくしゅぎ)と訳され、カタカナ語であるベジタリアンは一般的に使われない。明治以降に魚以外の哺乳類の肉食が広まるまでは菜食主義は日本の伝統宗教である大乗仏教の重要な戒律の一つであったが。近年では欧米で動物愛護の観点から肉食を避けるライフスタイルが広まり、これを日本で実行するものの間では英語のカタカナ表現であるベジタリアンを好んで使う傾向にある。幾つかの民間団体(後述・ベジタリアンの分類参照)では、菜食を中心とした食事を実践する人々の総称がベジタリアンと定義されている。これらの団体では欧米の菜食主義の分類を更新する傾向にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 39836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 38303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58359162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 俗にそれらが「精をつけ情欲を増大させる」ためと説明されることがあるが、本来の意義とは違う。そうした球根類は植物の「肉体」であり、動物の場合と同様に損なうことが避けられるからである。この考えによれば、植物の枝葉や根は動物の体毛や爪にあたるもの、ということになる。切られてもまた生えてくるので、食べても構わないとされる。加えて完全な菜食を続けると、人によっては刺激が強く、そのような物を受け付けない体質に変化することがあるのも理由に挙げられる。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベジタリアニズムとは、健康、道徳、宗教等の理由から肉を排する食生活および主義・思想のことである。日本語では菜食主義(さいしょくしゅぎ)と訳され、カタカナ語であるベジタリアンは一般的に使われない。明治以降に魚以外の哺乳類の肉食が広まるまでは菜食主義は日本の伝統宗教である大乗仏教の重要な戒律の一つであったが。近年では欧米で動物愛護の観点から肉食を避けるライフスタイルが広まり、これを日本で実行するものの間では英語のカタカナ表現であるベジタリアンを好んで使う傾向にある。幾つかの民間団体(後述・ベジタリアンの分類参照)では、菜食を中心とした食事を実践する人々の総称がベジタリアンと定義されている。これらの団体では欧米の菜食主義の分類を更新する傾向にある。
rdfs:label
  • ベジタリアニズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:読者対象 of
is foaf:primaryTopic of