Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベクタシュ教団(ベクタシー教団とも、Bektashism、トルコ語:Bektaşilik、アルバニア語:Bektashizmi、Bektashizëm) は十二イマーム派(シーア派)の分派とされるスーフィズム教団。13世紀にホラーサーン出身の聖者ハジュ・ベクタシュがアナトリア半島にて設立し、爾来カランダリー教団や15世紀のフルフィー教団をはじめ、同半島で興った他のスーフィズム教団の影響を受けながら発展を遂げた。16世紀にはバリム・スルタン(? - 1516年)が教団の組織化や中央集権化に成功し、中興の祖と称された。アレヴィー派や十二イマーム派(何れもベクタシー教団と同じくシーア派)と同様、アリー・イブン・アビー・ターリブに対する崇敬を信仰の拠り所としているため、マフムト2世の改革以後は正統派の聖職者により異端とされた。しかし、シーア派やスーフィズム、キリスト教やその他土着信仰を習合させた教団に対する支持は根強く、農民のみならずオスマン帝国のインテリ層にまで大きな影響を与えている。アレヴィー派とは哲学や文化の面で密接な関係があり、トルコでは現在アレヴィー-ベクタシー文化として、両者は統合した形で語られることが一般的である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2140842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55935350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベクタシュ教団(ベクタシー教団とも、Bektashism、トルコ語:Bektaşilik、アルバニア語:Bektashizmi、Bektashizëm) は十二イマーム派(シーア派)の分派とされるスーフィズム教団。13世紀にホラーサーン出身の聖者ハジュ・ベクタシュがアナトリア半島にて設立し、爾来カランダリー教団や15世紀のフルフィー教団をはじめ、同半島で興った他のスーフィズム教団の影響を受けながら発展を遂げた。16世紀にはバリム・スルタン(? - 1516年)が教団の組織化や中央集権化に成功し、中興の祖と称された。アレヴィー派や十二イマーム派(何れもベクタシー教団と同じくシーア派)と同様、アリー・イブン・アビー・ターリブに対する崇敬を信仰の拠り所としているため、マフムト2世の改革以後は正統派の聖職者により異端とされた。しかし、シーア派やスーフィズム、キリスト教やその他土着信仰を習合させた教団に対する支持は根強く、農民のみならずオスマン帝国のインテリ層にまで大きな影響を与えている。アレヴィー派とは哲学や文化の面で密接な関係があり、トルコでは現在アレヴィー-ベクタシー文化として、両者は統合した形で語られることが一般的である。
rdfs:label
  • ベクタシュ教団
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of