Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベアトリス・デ・ポルトゥガル(Beatriz de Portugal, Duquesa de Viseu, 1430年 - 1506年)は、ポルトガル王国の王族。従弟のヴィゼウ公フェルナンドと結婚し、ヴィゼウ公爵夫人となった。アヴィス王朝の開祖ジョアン1世の孫娘で、マヌエル1世の母親である。ジョアン1世王の同名の息子でレゲンゴシュ領主のジョアンと、その妻でブラガンサ公アフォンソ(ジョアン1世の庶長子)の娘であるイザベル・デ・バルセロスの間の次女として生まれた。両親は叔父と姪の関係にあった。姉のイザベルはカスティーリャ王フアン2世の王妃である。1447年に叔父のドゥアルテ1世王の三男で、3歳年下の従弟にあたるべージャ公・ヴィゼウ公フェルナンド王子と結婚した。カスティーリャのイサベル1世女王の叔母だった縁で、第二次カスティーリャ継承戦争におけるポルトガル、カスティーリャ間の講和条約である1479年のアルカソンヴァス=トレド条約の締結に大きく貢献した。講和交渉に際し、ベアトリスは自らイサベル女王の元を訪れ、姪を説得したという。また劇作家ジル・ヴィセンテの重要な庇護者でもあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2403390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58951713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベアトリス・デ・ポルトゥガル(Beatriz de Portugal, Duquesa de Viseu, 1430年 - 1506年)は、ポルトガル王国の王族。従弟のヴィゼウ公フェルナンドと結婚し、ヴィゼウ公爵夫人となった。アヴィス王朝の開祖ジョアン1世の孫娘で、マヌエル1世の母親である。ジョアン1世王の同名の息子でレゲンゴシュ領主のジョアンと、その妻でブラガンサ公アフォンソ(ジョアン1世の庶長子)の娘であるイザベル・デ・バルセロスの間の次女として生まれた。両親は叔父と姪の関係にあった。姉のイザベルはカスティーリャ王フアン2世の王妃である。1447年に叔父のドゥアルテ1世王の三男で、3歳年下の従弟にあたるべージャ公・ヴィゼウ公フェルナンド王子と結婚した。カスティーリャのイサベル1世女王の叔母だった縁で、第二次カスティーリャ継承戦争におけるポルトガル、カスティーリャ間の講和条約である1479年のアルカソンヴァス=トレド条約の締結に大きく貢献した。講和交渉に際し、ベアトリスは自らイサベル女王の元を訪れ、姪を説得したという。また劇作家ジル・ヴィセンテの重要な庇護者でもあった。
rdfs:label
  • ベアトリス・デ・ポルトゥガル (1430-1506)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of