Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘーラー(古希:ΗΡΑ, Ἥρα, Hērā、イオニア方言:Ἥρη, Hērē ヘーレー)は、ギリシア神話に登場する最高位の女神である。長母音を省略してヘラ、ヘレとも表記される。その名は古典ギリシア語で「貴婦人、女主人」を意味し、結婚と母性、貞節を司る。ヘーラーの沿え名はガメイラ(結婚の)、ズュギア(縁結びの)で、アルカディアのステュムパーロスでは女性の一生涯を表すパイス(乙女)、テレイアー(成人の女性、妻)、ケーラー(寡婦)の三つの名で呼ばれた。ホメーロスによる長編叙事詩『イーリアス』では「牛王の目を持てる天妃・ヘーラー」、「玉腕白き端厳の女神・ヘーラー」や「黄金の王座もつ女神・ヘーラー」など特有の形容語を持っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58833629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘーラー(古希:ΗΡΑ, Ἥρα, Hērā、イオニア方言:Ἥρη, Hērē ヘーレー)は、ギリシア神話に登場する最高位の女神である。長母音を省略してヘラ、ヘレとも表記される。その名は古典ギリシア語で「貴婦人、女主人」を意味し、結婚と母性、貞節を司る。ヘーラーの沿え名はガメイラ(結婚の)、ズュギア(縁結びの)で、アルカディアのステュムパーロスでは女性の一生涯を表すパイス(乙女)、テレイアー(成人の女性、妻)、ケーラー(寡婦)の三つの名で呼ばれた。ホメーロスによる長編叙事詩『イーリアス』では「牛王の目を持てる天妃・ヘーラー」、「玉腕白き端厳の女神・ヘーラー」や「黄金の王座もつ女神・ヘーラー」など特有の形容語を持っている。
rdfs:label
  • ヘーラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of