Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ͱ, ͱ(ヘータ、希:ͱητα, 英:heta)は、現在使用されていない古代ギリシア文字の字母の1つ。音価としては/h/を表した字母であった。古代ギリシア語において、アッティカ方言が共通語としての地位を確立する頃に、この字母の使用は廃れた。この頃、/h/の表記法は、“ ̔Η(Hē)”の様に母音の前に“ ̔ ”を付記することで表わすようになった。これを気息記号と言い、語頭の母音に/h/がある場合は“ ̔ (U+0314)”を附記し、ない場合は“ ̓ (U+0313)”を附記することで書き分けるようになった(コンマアバブ参照)。なお、小文字の場合“ἡ/ἠ”のように母音字の上に表記するが、古典時代には小文字はない。現代ギリシャ語には/h/の音素が存在しないため、古典語を反映したカサレヴサでは表記されるものの、口語を元にしたディモティキでは使用されていない。(古川晴風 『ギリシャ語四週間』 大学書林、1958年、978-4475010177より)。これはこの記号“ ̔ ”が元々本字母の変形と簡略化によるものだからである。後のローマ人がラテン語字母として“Η”(エータ)を、本字母の音価/h/を表した文字“H”(エイチ)として採用したことで、本字母は文字としても消滅した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1479474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54809547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Ͱ, ͱ(ヘータ、希:ͱητα, 英:heta)は、現在使用されていない古代ギリシア文字の字母の1つ。音価としては/h/を表した字母であった。古代ギリシア語において、アッティカ方言が共通語としての地位を確立する頃に、この字母の使用は廃れた。この頃、/h/の表記法は、“ ̔Η(Hē)”の様に母音の前に“ ̔ ”を付記することで表わすようになった。これを気息記号と言い、語頭の母音に/h/がある場合は“ ̔ (U+0314)”を附記し、ない場合は“ ̓ (U+0313)”を附記することで書き分けるようになった(コンマアバブ参照)。なお、小文字の場合“ἡ/ἠ”のように母音字の上に表記するが、古典時代には小文字はない。現代ギリシャ語には/h/の音素が存在しないため、古典語を反映したカサレヴサでは表記されるものの、口語を元にしたディモティキでは使用されていない。(古川晴風 『ギリシャ語四週間』 大学書林、1958年、978-4475010177より)。これはこの記号“ ̔ ”が元々本字母の変形と簡略化によるものだからである。後のローマ人がラテン語字母として“Η”(エータ)を、本字母の音価/h/を表した文字“H”(エイチ)として採用したことで、本字母は文字としても消滅した。
rdfs:label
  • ヘータ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of