Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第二代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿のちにアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。イングランド王ヘンリー7世の次男。 百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位への要求も継続した。6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。また、ウェールズ法諸法(Laws in Wales Acts 1535–1542)によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらも神聖ローマ帝国からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。後継者は息子のエドワード6世であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59113839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • HenryVIIISig.svg
prop-ja:人名
  • ヘンリー8世
prop-ja:出生日
  • --06-28
prop-ja:別号
prop-ja:各国語表記
  • Henry VIII
prop-ja:君主号
prop-ja:在位
  • --04-22
prop-ja:埋葬地
  • ウィンザー城、
prop-ja:埋葬日
  • --02-04
prop-ja:子女
prop-ja:戴冠日
  • --06-24
prop-ja:死亡日
  • 1547-01-28 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • ロンドン、ホワイトホール宮殿
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • グリニッジ、
prop-ja:画像
  • Henry-VIII-kingofengland 1491-1547.jpg
prop-ja:画像説明
  • ハンス・ホルバイン画 『ヘンリー8世』(1537年ごろ)
prop-ja:継承形式
  • 王太子
prop-ja:継承者
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第二代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿のちにアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。イングランド王ヘンリー7世の次男。 百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位への要求も継続した。6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。また、ウェールズ法諸法(Laws in Wales Acts 1535–1542)によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらも神聖ローマ帝国からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。後継者は息子のエドワード6世であった。
rdfs:label
  • ヘンリー8世 (イングランド王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:founder of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:継承者 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of