Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初代準男爵サー・ヘンリー・クレズウィック・ローリンソン少将(Maj.-Gen. Sir Henry Creswicke Rawlinson, 1st Baronet GCB、1810年4月5日 - 1895年3月5日)は、イギリス東インド会社の陸軍士官、政治家、東洋学(オリエント学)研究者で、「アッシリア学の父」と称されることもある。ローリンソンは、南アジアに対するロシアの野心を、イギリスは牽制すべきだという議論を展開した最も重要な論客たちのひとりであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2973372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58768251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
  • Thomas Hughes
  • William John Monson
prop-ja:awards
prop-ja:before
  • Lord Edward Thynne
  • William Hackblock
prop-ja:birthDate
  • 1810-04-05 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • オックスフォードシャー州チャドリントン
prop-ja:caption
  • ヘンリー・ウィンダム・フィリップス作の肖像画、1850年。
prop-ja:deathPlace
  • ロンドン
prop-ja:mainInterests
prop-ja:majorWorks
prop-ja:name
  • Sir Henry Rawlinson
  • サー・ヘンリー・ローリンソン
prop-ja:otherNames
  • アッシリア学の父
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
prop-ja:years
  • 1858 (xsd:integer)
  • 1865 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 初代準男爵サー・ヘンリー・クレズウィック・ローリンソン少将(Maj.-Gen. Sir Henry Creswicke Rawlinson, 1st Baronet GCB、1810年4月5日 - 1895年3月5日)は、イギリス東インド会社の陸軍士官、政治家、東洋学(オリエント学)研究者で、「アッシリア学の父」と称されることもある。ローリンソンは、南アジアに対するロシアの野心を、イギリスは牽制すべきだという議論を展開した最も重要な論客たちのひとりであった。
rdfs:label
  • ヘンリー・ローリンソン (初代準男爵)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of