Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第5代ランズダウン侯爵、ヘンリー・チャールズ・キース・ペティ=フィッツモーリス(英: Henry Charles Keith Petty-FitzMaurice, 5th Marquess of Lansdowne, KG, GCSI, GCMG, GCIE, PC、1845年1月14日 - 1927年6月3日)は、イギリスの貴族、政治家。ヴィクトリア朝後期から第一次世界大戦の頃までイギリス政界の重鎮として活躍した。はじめ自由党に所属していたが、自由統一党を経て保守党へ移籍した。保守党政権下の1900年から1905年にかけて外務大臣を務め、日英同盟や英仏協商に調印したことで知られる。誕生から父親が第4代ランズダウン侯爵となる1863年までは「クランモーリス子爵」(Viscount Clanmaurice)の、1863年から自身が襲爵する1866年までは「ケリー伯爵(Earl of Kerry)」の儀礼称号で称された。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 324232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58766719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
  • 23 (xsd:integer)
  • カナダ総督
  • 外務大臣
  • インド副王兼総督
  • (保守党庶民院院内総務アンドルー・ボナー・ローとともに)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1866 (xsd:integer)
  • 1880 (xsd:integer)
  • 1883 (xsd:integer)
  • 1888 (xsd:integer)
  • 1895 (xsd:integer)
  • 1896 (xsd:integer)
  • 1900 (xsd:integer)
  • 1903 (xsd:integer)
  • 1911 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
  • 第5代ランズダウン侯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
  • 第3次ソールズベリー侯爵内閣、バルフォア内閣
  • 第3次ソールズベリー侯爵内閣
prop-ja:出生地
  • 、イングランド、ロンドン
prop-ja:出身校
  • オックスフォード大学ベリオール・カレッジ
prop-ja:国旗
  • UK
  • CAN1868
  • IND1858
prop-ja:就任日
  • --07-04
  • --07-05
  • --10-23
  • --11-01
  • --12-10
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、アイルランド、、
prop-ja:没年月日
  • --06-03
prop-ja:生年月日
  • --01-14
prop-ja:画像
  • Marquess of Lansdowne.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ランズダウン侯爵
prop-ja:称号・勲章
  • 第5代ランズダウン侯爵、ガーター勲章勲爵士(KG)、インドの星勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)、インド帝国勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCIE)、枢密顧問官 (PC)
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --06-03
  • --06-11
  • --10-11
  • --11-01
  • --12-04
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第5代ランズダウン侯爵、ヘンリー・チャールズ・キース・ペティ=フィッツモーリス(英: Henry Charles Keith Petty-FitzMaurice, 5th Marquess of Lansdowne, KG, GCSI, GCMG, GCIE, PC、1845年1月14日 - 1927年6月3日)は、イギリスの貴族、政治家。ヴィクトリア朝後期から第一次世界大戦の頃までイギリス政界の重鎮として活躍した。はじめ自由党に所属していたが、自由統一党を経て保守党へ移籍した。保守党政権下の1900年から1905年にかけて外務大臣を務め、日英同盟や英仏協商に調印したことで知られる。誕生から父親が第4代ランズダウン侯爵となる1863年までは「クランモーリス子爵」(Viscount Clanmaurice)の、1863年から自身が襲爵する1866年までは「ケリー伯爵(Earl of Kerry)」の儀礼称号で称された。
rdfs:label
  • ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス (第5代ランズダウン侯爵)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
  • 第5代ランズダウン侯爵
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of