Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘンリー・ハドソン橋 (Henry Hudson Bridge) は、ニューヨーク市のスパイテン・ダイヴィル川に架かる鋼製アーチ有料橋である。マンハッタン区インウッドとブロンクス区スパイテン・ダイヴィル (en) を結んでおり、ヘンリー・ハドソン・パークウェイ (en, NY 9A) が橋上を走っている。マンハッタン側(南側)では、このパークウェイ (en) はインウッド・ヒル・パーク (en) 内を通過する。商用車(商品輸送車、客員運搬車、トラック、バス)はこの橋の通行を認められていない(一般的に商用車のパークウェイの走行は認められていない)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3135677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57068865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:below
  • 143.0
prop-ja:bridge
  • ヘンリー・ハドソン橋
prop-ja:bridgeName
  • Henry Hudson Bridge
prop-ja:bridgeSigns
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • 航空写真
prop-ja:carries
  • ヘンリー・ハドソン・パークウェイ 7車線(上層3車線、下層4車線)
prop-ja:clearance
  • 12.0
prop-ja:crosses
prop-ja:design
  • 二層アーチ橋
prop-ja:designer
prop-ja:downstream
prop-ja:downstreamSigns
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:id
  • s0001722
prop-ja:lat
  • 40.877861 (xsd:double)
prop-ja:length
  • 2208.0
prop-ja:locale
  • ニューヨーク市ブロンクス区スパイテン・ダイヴィル およびマンハッタン区インウッド
prop-ja:long
  • -73.921777 (xsd:double)
prop-ja:mainspan
  • 841.0
prop-ja:maint
  • :en:MTA Bridges and Tunnels
prop-ja:officialName
  • Henry Hudson Bridge
prop-ja:open
  • --12-12
prop-ja:place
prop-ja:structure
  • 横断施設
prop-ja:title
  • Henry Hudson Bridge
prop-ja:toll
  • $5.00(郵送);$2.44
prop-ja:traffic
  • 63434 (xsd:integer)
prop-ja:upstream
  • スパイテン・ダイヴィル橋
prop-ja:width
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘンリー・ハドソン橋 (Henry Hudson Bridge) は、ニューヨーク市のスパイテン・ダイヴィル川に架かる鋼製アーチ有料橋である。マンハッタン区インウッドとブロンクス区スパイテン・ダイヴィル (en) を結んでおり、ヘンリー・ハドソン・パークウェイ (en, NY 9A) が橋上を走っている。マンハッタン側(南側)では、このパークウェイ (en) はインウッド・ヒル・パーク (en) 内を通過する。商用車(商品輸送車、客員運搬車、トラック、バス)はこの橋の通行を認められていない(一般的に商用車のパークウェイの走行は認められていない)。
rdfs:label
  • ヘンリー・ハドソン橋
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:upstream of
is foaf:primaryTopic of