Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ヘンリー・アダムズの教育』(The Education of Henry Adams)は、ボストン市民であったヘンリー・アダムズ(1838年 - 1918年)が、その晩年に至り、自分が青年時代を過ごした19世紀と何もかもが変わってしまった20世紀初頭をどのような辛酸をなめつつ生き抜いたかを記録したものである。これは、19世紀の教育理論と教育方法への痛烈な批判となっている。1907年、アダムズはこの本を自費で印刷し、ごく限られた友人たちに回覧した。商業ベースで出版されたのは、アダムズが1918年に亡くなった後のことで、翌年ピューリッツァー賞を受賞した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1435843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57058799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • The Education of Henry Adams
prop-ja:no
  • 2044 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ヘンリー・アダムズの教育』(The Education of Henry Adams)は、ボストン市民であったヘンリー・アダムズ(1838年 - 1918年)が、その晩年に至り、自分が青年時代を過ごした19世紀と何もかもが変わってしまった20世紀初頭をどのような辛酸をなめつつ生き抜いたかを記録したものである。これは、19世紀の教育理論と教育方法への痛烈な批判となっている。1907年、アダムズはこの本を自費で印刷し、ごく限られた友人たちに回覧した。商業ベースで出版されたのは、アダムズが1918年に亡くなった後のことで、翌年ピューリッツァー賞を受賞した。
rdfs:label
  • ヘンリー・アダムスの教育
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of