Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘロド系(ヘロドけい、Herod Line)とは、馬(サラブレッドのほかアングロアラブ、クォーターホースなど)の父系と呼ばれる血統表上の区分けのひとつである。バイアリーターク (Byerley Turk) を始祖とする。本来ならばバイアリーターク系とすべきであるが、現在のバイアリータークの父系に属する馬はすべてヘロド (Herod) の直系子孫であるためヘロド系と呼ばれている。ハイフライヤー系が大きな勢力を持っていた19世紀初頭にはヘロド=ハイフライヤー系と呼ばれることもあった。 かつては非常に大きな勢力を持っていたが、今日では三大始祖中最小の勢力である。現在残っているのはヨーロッパのアホヌーラ後継が中心で、ほかは勢力僅少。主要国における2011年種牡馬ランキングで上位(70位以内)にランクされたのは、Compton Place(イギリス・アイルランド26位)の1頭のみである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 343094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58929839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘロド系(ヘロドけい、Herod Line)とは、馬(サラブレッドのほかアングロアラブ、クォーターホースなど)の父系と呼ばれる血統表上の区分けのひとつである。バイアリーターク (Byerley Turk) を始祖とする。本来ならばバイアリーターク系とすべきであるが、現在のバイアリータークの父系に属する馬はすべてヘロド (Herod) の直系子孫であるためヘロド系と呼ばれている。ハイフライヤー系が大きな勢力を持っていた19世紀初頭にはヘロド=ハイフライヤー系と呼ばれることもあった。 かつては非常に大きな勢力を持っていたが、今日では三大始祖中最小の勢力である。現在残っているのはヨーロッパのアホヌーラ後継が中心で、ほかは勢力僅少。主要国における2011年種牡馬ランキングで上位(70位以内)にランクされたのは、Compton Place(イギリス・アイルランド26位)の1頭のみである。
rdfs:label
  • ヘロド系
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of