Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘレン・ディック・メーガウ(Helen Dick Megaw, 1907年6月1日 - 2002年2月26日)はアイルランド生まれの女性結晶学者である。ダブリンに生まれた。ベルファストのクイーンズ大学を経て、ケンブリッジ大学のガートン・カレッジで学んだ。1930年から1934年まで、ドロシー・ホジキンと共にX線解析法を学んだ。オックスフォード大学のフランシス・サイモンのもとで研究したのち、フィリップス・ランプで働いて、工業用材料の構造解析を行った。1945年にロンドン大学のバークベック・カレッジに戻り、翌年キャヴェンディッシュ研究所に入り、引退までキャヴェンディッシュ研究所で働いた。1957年に著書『結晶の強誘電体』Ferroelectricity in Crystalsを著した。1989年に女性として初めて、アメリカ鉱物学会からローブリング・メダルを受賞した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1701325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47517488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘレン・ディック・メーガウ(Helen Dick Megaw, 1907年6月1日 - 2002年2月26日)はアイルランド生まれの女性結晶学者である。ダブリンに生まれた。ベルファストのクイーンズ大学を経て、ケンブリッジ大学のガートン・カレッジで学んだ。1930年から1934年まで、ドロシー・ホジキンと共にX線解析法を学んだ。オックスフォード大学のフランシス・サイモンのもとで研究したのち、フィリップス・ランプで働いて、工業用材料の構造解析を行った。1945年にロンドン大学のバークベック・カレッジに戻り、翌年キャヴェンディッシュ研究所に入り、引退までキャヴェンディッシュ研究所で働いた。1957年に著書『結晶の強誘電体』Ferroelectricity in Crystalsを著した。1989年に女性として初めて、アメリカ鉱物学会からローブリング・メダルを受賞した。
rdfs:label
  • ヘレン・メーガウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of