Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘレン・ブルック・タウシグ(Helen Brooke Taussig, 1898年5月24日 マサチューセッツ州ケンブリッジ - 1986年5月20日)はアメリカの小児科学・心臓病学者。フランク・タウシグ(Frank W. Taussig)の娘として生まれる。1945年、外科医のアルフレッド・ブレイロック(Alfred B. Blalock)、ヴィヴィエン・トーマス(Vivien Thomas)と共に「青色児手術」を行い、肺臓への血液の循環を増大させることに成功した。青色児症候群(Blue baby syndrome)の一種であるブレイロック=タウシグ・シャント(ブラロック=タウシグ・シャント:シャント=吻合、短絡)(Blalock-Taussig shunt)を発見。1954年にアルバート・ラスカー臨床医学研究賞を受賞。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 448032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46991433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘレン・ブルック・タウシグ(Helen Brooke Taussig, 1898年5月24日 マサチューセッツ州ケンブリッジ - 1986年5月20日)はアメリカの小児科学・心臓病学者。フランク・タウシグ(Frank W. Taussig)の娘として生まれる。1945年、外科医のアルフレッド・ブレイロック(Alfred B. Blalock)、ヴィヴィエン・トーマス(Vivien Thomas)と共に「青色児手術」を行い、肺臓への血液の循環を増大させることに成功した。青色児症候群(Blue baby syndrome)の一種であるブレイロック=タウシグ・シャント(ブラロック=タウシグ・シャント:シャント=吻合、短絡)(Blalock-Taussig shunt)を発見。1954年にアルバート・ラスカー臨床医学研究賞を受賞。
rdfs:label
  • ヘレン・ブルック・タウシグ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of