Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘレン・ジェイコブス(Helen Jacobs, 1908年8月6日 - 1997年6月2日)は、アメリカ・アリゾナ州グローブ出身の女子テニス選手。フルネームは Helen Hull Jacobs (ヘレン・フル・ジェイコブス)という。1932年から1935年にかけて全米選手権「4連覇」を達成し、ウィンブルドン選手権でも1936年に優勝した。しかし、同じ「ヘレン」という名前のヘレン・ウィルス・ムーディに4大大会女子シングルス決勝で6度も敗れたことから(全仏選手権1度、ウィンブルドン選手権4度、全米選手権1度)、1930年代の女子テニス界で“Helen the First”(第1のヘレン)と呼ばれたムーディと対比されて、ジェイコブスは「第2のヘレン」と呼ばれた。ジェイコブスは1932年から1935年まで、全米選手権に大会4連覇を達成した。初めての全米決勝進出は1928年であったが、この時はヘレン・ウィルス(ムーディの結婚前の名前)に 2-6, 1-6 で敗れている。それから4年後、ジェイコブスは1932年の決勝戦でカロリン・バブコックを 6-2, 6-2 で破り、4大大会初優勝を達成した。翌1933年の大会は、全米選手権決勝では2度目となるジェイコブスとムーディの「ヘレン対決」となった。ジェイコブスが第1セットを 8-6 で先取し、ムーディが第2セットを 6-3 で奪い返した後、最終第3セットをジェイコブスが 3-0 とリードしたところで、ムーディが背筋痛を訴えて試合を途中棄権するアクシデントが起きた。これでジェイコブスは全米選手権2連覇と同時に、ムーディとの対戦で唯一の勝利を挙げた。1934年と1935年の決勝では、ジェイコブスはサラ・ポールフリーに2年連続で勝っている。ところが、1936年の決勝でジェイコブスは華やかなキャラクターを持つアリス・マーブルに 6-4, 3-6, 2-6 の逆転で敗れ、大会5連覇を逃した。その後、ジェイコブスは1939年と1940年の全米決勝でもマーブルに敗れている。これでジェイコブスの全米決勝成績は「4勝4敗」で終わった。4度の準優勝は、最初の時はムーディに、後の3回はマーブルに敗れたことになる。ヘレン・ジェイコブスは1936年のウィンブルドン優勝者となったが、ここでも不運が続き、通算で5度の準優勝がある。1934年の決勝戦だけは、相手はイギリスのドロシー・ラウンドであったが、他の4度はすべてムーディに敗れた。唯一の優勝となった1936年の決勝で、ジェイコブスはドイツのヒルデ・スパーリングに 6-2, 4-6, 7-5 で競り勝っている。スパーリングは1935年から1937年まで全仏選手権に大会3連覇を達成した選手であるが、ウィンブルドンでは1931年と1936年の2度準優勝に終わった。 ムーディとジェイコブスによる「2人のヘレン」の歴史は、1928年全米選手権の女子シングルス決勝戦から始まった。2人は通算11度(うち決勝戦で6度)対戦したが、ジェイコブスが勝ったのは1933年の全米決勝(ムーディの途中棄権による勝利)の1度だけである。全仏選手権での決勝対決は1930年の1度だが、ウィンブルドンの決勝では1929年、1932年、1935年、1938年の4度敗れた。とりわけ1935年と1938年の決勝戦では、ジェイコブスがムーディのウィンブルドン「7勝」(ドロテア・ダグラス・チェンバースによる当時の大会最多優勝記録に並ぶ)と「8勝」(チェンバースの記録を更新)の記念碑を見守る立場に回った。ムーディは8度目のウィンブルドン優勝を最後に現役を退き、最後までジェイコブスの壁として立ちはだかったのである。その力関係から、当時のテニスファンたちは「悔しがって足を踏み鳴らすジェイコブスが、ムーディの後をついて行く」という描写を好んだ。選手時代に、ジェイコブスはテニスに関連した著書を3冊出版している。テニス経歴を退いた後、ヘレン・ジェイコブスは第2次世界大戦でアメリカ海軍に入隊して司令官の仕事に携わった。当時米国海軍で働いていた女性は、ジェイコブスを含めて5人だけだったという。ジェイコブスは1944年に“Storm Against the Wind”(風に逆らう嵐)という題名の小説も書いた。1962年に国際テニス殿堂入り。35年後の1997年6月2日、ヘレン・フル・ジェイコブスはニューヨークのイーストハンプトンにて、心臓発作のため88歳で長逝した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 558356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4568 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47055338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 優勝(1936)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 準優勝(1932・36・39)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:フルネーム(英語名)_
  • Helen Hull Jacobs
prop-ja:優勝回数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープン
  • 準優勝(1930・34)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 準優勝(1934)
prop-ja:全米オープン
  • 優勝(1932-35)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1932・34・35)
prop-ja:全米オープン混合ダブルス
  • 優勝(1934)
prop-ja:出身地
  • 同・アリゾナ州グローブ
prop-ja:利き手
prop-ja:愛称
  • 第2のヘレン
prop-ja:死没地
  • 同・ニューヨークイーストハンプトン
prop-ja:没年日
  • 1997-06-02 (xsd:date)
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1908-08-06 (xsd:date)
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ヘレン・ジェイコブス
prop-ja:選手名(英語)_
  • Helen Jacobs
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘレン・ジェイコブス(Helen Jacobs, 1908年8月6日 - 1997年6月2日)は、アメリカ・アリゾナ州グローブ出身の女子テニス選手。フルネームは Helen Hull Jacobs (ヘレン・フル・ジェイコブス)という。1932年から1935年にかけて全米選手権「4連覇」を達成し、ウィンブルドン選手権でも1936年に優勝した。しかし、同じ「ヘレン」という名前のヘレン・ウィルス・ムーディに4大大会女子シングルス決勝で6度も敗れたことから(全仏選手権1度、ウィンブルドン選手権4度、全米選手権1度)、1930年代の女子テニス界で“Helen the First”(第1のヘレン)と呼ばれたムーディと対比されて、ジェイコブスは「第2のヘレン」と呼ばれた。ジェイコブスは1932年から1935年まで、全米選手権に大会4連覇を達成した。初めての全米決勝進出は1928年であったが、この時はヘレン・ウィルス(ムーディの結婚前の名前)に 2-6, 1-6 で敗れている。それから4年後、ジェイコブスは1932年の決勝戦でカロリン・バブコックを 6-2, 6-2 で破り、4大大会初優勝を達成した。翌1933年の大会は、全米選手権決勝では2度目となるジェイコブスとムーディの「ヘレン対決」となった。ジェイコブスが第1セットを 8-6 で先取し、ムーディが第2セットを 6-3 で奪い返した後、最終第3セットをジェイコブスが 3-0 とリードしたところで、ムーディが背筋痛を訴えて試合を途中棄権するアクシデントが起きた。これでジェイコブスは全米選手権2連覇と同時に、ムーディとの対戦で唯一の勝利を挙げた。1934年と1935年の決勝では、ジェイコブスはサラ・ポールフリーに2年連続で勝っている。ところが、1936年の決勝でジェイコブスは華やかなキャラクターを持つアリス・マーブルに 6-4, 3-6, 2-6 の逆転で敗れ、大会5連覇を逃した。その後、ジェイコブスは1939年と1940年の全米決勝でもマーブルに敗れている。これでジェイコブスの全米決勝成績は「4勝4敗」で終わった。4度の準優勝は、最初の時はムーディに、後の3回はマーブルに敗れたことになる。ヘレン・ジェイコブスは1936年のウィンブルドン優勝者となったが、ここでも不運が続き、通算で5度の準優勝がある。1934年の決勝戦だけは、相手はイギリスのドロシー・ラウンドであったが、他の4度はすべてムーディに敗れた。唯一の優勝となった1936年の決勝で、ジェイコブスはドイツのヒルデ・スパーリングに 6-2, 4-6, 7-5 で競り勝っている。スパーリングは1935年から1937年まで全仏選手権に大会3連覇を達成した選手であるが、ウィンブルドンでは1931年と1936年の2度準優勝に終わった。 ムーディとジェイコブスによる「2人のヘレン」の歴史は、1928年全米選手権の女子シングルス決勝戦から始まった。2人は通算11度(うち決勝戦で6度)対戦したが、ジェイコブスが勝ったのは1933年の全米決勝(ムーディの途中棄権による勝利)の1度だけである。全仏選手権での決勝対決は1930年の1度だが、ウィンブルドンの決勝では1929年、1932年、1935年、1938年の4度敗れた。とりわけ1935年と1938年の決勝戦では、ジェイコブスがムーディのウィンブルドン「7勝」(ドロテア・ダグラス・チェンバースによる当時の大会最多優勝記録に並ぶ)と「8勝」(チェンバースの記録を更新)の記念碑を見守る立場に回った。ムーディは8度目のウィンブルドン優勝を最後に現役を退き、最後までジェイコブスの壁として立ちはだかったのである。その力関係から、当時のテニスファンたちは「悔しがって足を踏み鳴らすジェイコブスが、ムーディの後をついて行く」という描写を好んだ。選手時代に、ジェイコブスはテニスに関連した著書を3冊出版している。テニス経歴を退いた後、ヘレン・ジェイコブスは第2次世界大戦でアメリカ海軍に入隊して司令官の仕事に携わった。当時米国海軍で働いていた女性は、ジェイコブスを含めて5人だけだったという。ジェイコブスは1944年に“Storm Against the Wind”(風に逆らう嵐)という題名の小説も書いた。1962年に国際テニス殿堂入り。35年後の1997年6月2日、ヘレン・フル・ジェイコブスはニューヨークのイーストハンプトンにて、心臓発作のため88歳で長逝した。
rdfs:label
  • ヘレン・ジェイコブス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of