Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm Göring De-HermannWGoering.ogg 発音、1893年1月12日 ‐ 1946年10月15日)は、ドイツの政治家、軍人。第一次世界大戦でエースパイロットとして名声を得る。戦後の1922年にヒトラーに惹かれて国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党。ミュンヘン一揆の失敗で一時亡命生活を送るも、1928年に国会議員に当選し、1932年の選挙でナチ党が第一党となると国会議長に選出された。ナチ党と上流階級の橋渡し役を務めてナチ党の党勢拡大と政権獲得に貢献した。1933年のナチ党政権誕生後にはプロイセン州首相、航空相、ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者、ドイツ経済相、森林長官、狩猟長官など要職を歴任し、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。しかし政権内では対外穏健派だったため、対外強硬派のヒトラーと徐々に距離ができ、1930年代終わり頃から政治的影響力を低下させはじめた。第二次世界大戦中にドイツ空軍の劣勢が目立つようになると一層存在感を落とした。しかし戦後のニュルンベルク裁判では最も主要な被告人としてヒトラーとナチ党を弁護し、検察と徹底対決して注目を集めた。死刑判決後に服毒自殺した。軍における最終階級は全ドイツ軍で最高位の国家元帥 (Reichsmarschall) である。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1927-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1946-10-15 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 72527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 140922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59224416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • (国家弁務官)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1917 (xsd:integer)
  • 1918 (xsd:integer)
  • 1932 (xsd:integer)
  • 1933 (xsd:integer)
  • 1935 (xsd:integer)
  • 1937 (xsd:integer)
  • 第3代:1923年
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • Hermann Goring Signature.svg
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、バイエルン王国、ローゼンハイム
prop-ja:出身校
  • 、ミュンヘン大学
prop-ja:各国語表記
  • Hermann Göring
prop-ja:国旗
  • DEU1935
prop-ja:就任日
  • --01-30
  • --03-01
  • --04-10
  • --05-05
  • --05-20
  • --07-03
  • --08-30
  • --10-18
  • --11-27
  • --12-02
prop-ja:当選回数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:死没地
  • 連合軍占領下ドイツ、バイエルン州、ニュルンベルク
prop-ja:没年月日
  • 1946-10-15 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --01-12
prop-ja:画像
  • Bundesarchiv Bild 102-13805, Hermann Göring.jpg
prop-ja:画像説明
  • 1932 (xsd:integer)
  • 襟元の勲章はプール・ル・メリット勲章
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --01-15
  • --04-23
  • --04-30
  • --05-05
  • --06-26
  • --11-09
prop-ja:選挙区
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm Göring De-HermannWGoering.ogg 発音、1893年1月12日 ‐ 1946年10月15日)は、ドイツの政治家、軍人。第一次世界大戦でエースパイロットとして名声を得る。戦後の1922年にヒトラーに惹かれて国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党。ミュンヘン一揆の失敗で一時亡命生活を送るも、1928年に国会議員に当選し、1932年の選挙でナチ党が第一党となると国会議長に選出された。ナチ党と上流階級の橋渡し役を務めてナチ党の党勢拡大と政権獲得に貢献した。1933年のナチ党政権誕生後にはプロイセン州首相、航空相、ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者、ドイツ経済相、森林長官、狩猟長官など要職を歴任し、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。しかし政権内では対外穏健派だったため、対外強硬派のヒトラーと徐々に距離ができ、1930年代終わり頃から政治的影響力を低下させはじめた。第二次世界大戦中にドイツ空軍の劣勢が目立つようになると一層存在感を落とした。しかし戦後のニュルンベルク裁判では最も主要な被告人としてヒトラーとナチ党を弁護し、検察と徹底対決して注目を集めた。死刑判決後に服毒自殺した。軍における最終階級は全ドイツ軍で最高位の国家元帥 (Reichsmarschall) である。
rdfs:label
  • ヘルマン・ゲーリング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:relative of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:list of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:親戚 of
is foaf:primaryTopic of