Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘリボーン(英: Heliborne)は、ヘリコプターを用いて敵地などへ部隊を派兵する戦術。この名称は、空挺作戦(エアボーン)に由来する。兵員が分乗した武装・非武装の各種ヘリコプターが戦闘機や攻撃機、COIN機の護衛を受けながら敵地に侵入・奇襲し、着陸したヘリコプターから展開した兵員が目的地を制圧する戦術。第二次世界大戦後、ヘリコプターの発達と共に大きく発展した戦術であり、特に対ゲリラ戦には非常に有効な戦術である。ベトナム戦争やアフガニスタン紛争において特に多用された。また、現在の特殊部隊が行うロープ降下作戦もヘリボーンの一種と言える。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 156049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58813152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 戦闘ヘリの掩護下、UH-60JAから展開した陸上自衛隊の隊員
  • UH-1Jからラペリング降下する陸上自衛隊第48普通科連隊の隊員
  • イラク戦争時、ハッチが開いた後にCH-47から展開するアメリカ陸軍第101空挺師団の兵士
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • 24.600000 (xsd:double)
  • 48 (xsd:integer)
  • Chinook Iraq Operation Swarmer CH43 060316-N-5438H-011.jpg
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘリボーン(英: Heliborne)は、ヘリコプターを用いて敵地などへ部隊を派兵する戦術。この名称は、空挺作戦(エアボーン)に由来する。兵員が分乗した武装・非武装の各種ヘリコプターが戦闘機や攻撃機、COIN機の護衛を受けながら敵地に侵入・奇襲し、着陸したヘリコプターから展開した兵員が目的地を制圧する戦術。第二次世界大戦後、ヘリコプターの発達と共に大きく発展した戦術であり、特に対ゲリラ戦には非常に有効な戦術である。ベトナム戦争やアフガニスタン紛争において特に多用された。また、現在の特殊部隊が行うロープ降下作戦もヘリボーンの一種と言える。
rdfs:label
  • ヘリボーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兵種 of
is foaf:primaryTopic of