Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘラブナ(箆鮒)は、大正期に発見されたゲンゴロウブナ(Carassius cuvieri)の体高の異常に高い突然変異体を選択して食用、釣り対象用に養殖した品種改良種である。別名は、カワチブナ(河内鮒)、オウミブナ(近江鮒)など。釣り師の間では「ヘラブナ(へらぶな)」として知られる魚。大阪(河内)で盛んに養殖され(「カワチブナ」呼称の由来)、主に淀川水系へ放流された。現在も養殖されて、各地の「へらぶな会」などにより全国に放流されている。ヘラブナは基本的に植物性プランクトンを好んで食べるように養殖品種改良されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 303427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58597312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
rdfs:comment
  • ヘラブナ(箆鮒)は、大正期に発見されたゲンゴロウブナ(Carassius cuvieri)の体高の異常に高い突然変異体を選択して食用、釣り対象用に養殖した品種改良種である。別名は、カワチブナ(河内鮒)、オウミブナ(近江鮒)など。釣り師の間では「ヘラブナ(へらぶな)」として知られる魚。大阪(河内)で盛んに養殖され(「カワチブナ」呼称の由来)、主に淀川水系へ放流された。現在も養殖されて、各地の「へらぶな会」などにより全国に放流されている。ヘラブナは基本的に植物性プランクトンを好んで食べるように養殖品種改良されている。
rdfs:label
  • ヘラブナ
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of