Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘモレオロジー(英: hemorheology) または 血液レオロジー (英: blood rheology)とは、血液とその構成要素(血漿や血球など)の流体としての性質を研究するレオロジーの一分野である。血液の適切な組織灌流は、血液の流動学的性質が適正な範囲内にあることにより得られる。これら流動学的性質の変動は疾患の病態生理において重要な役割を果たしている。血液の粘度を決定する要因は、血漿の粘度、ヘマトクリット、そして赤血球の力学的性質である。赤血球は、その変形能と凝集能の観点から,力学的に特有の振る舞いを示すことで知られている。そのため、血液は非ニュートン流体として振る舞う。非ニュートン流体としての血液の性質を示すものとして、血液の粘度は剪断速度(ずり速度)に応じて変わる。心臓の最大収縮期のように剪断速度が高い状況では血液の粘度は下がり、一方拡張末期で血流速度が下がると血液の粘度は上昇する。それ故、血液は剪断減粘性を持つ流体であると言える。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2931693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58310682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘモレオロジー(英: hemorheology) または 血液レオロジー (英: blood rheology)とは、血液とその構成要素(血漿や血球など)の流体としての性質を研究するレオロジーの一分野である。血液の適切な組織灌流は、血液の流動学的性質が適正な範囲内にあることにより得られる。これら流動学的性質の変動は疾患の病態生理において重要な役割を果たしている。血液の粘度を決定する要因は、血漿の粘度、ヘマトクリット、そして赤血球の力学的性質である。赤血球は、その変形能と凝集能の観点から,力学的に特有の振る舞いを示すことで知られている。そのため、血液は非ニュートン流体として振る舞う。非ニュートン流体としての血液の性質を示すものとして、血液の粘度は剪断速度(ずり速度)に応じて変わる。心臓の最大収縮期のように剪断速度が高い状況では血液の粘度は下がり、一方拡張末期で血流速度が下がると血液の粘度は上昇する。それ故、血液は剪断減粘性を持つ流体であると言える。
rdfs:label
  • ヘモレオロジー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of