Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オナラブル・ヘニッジ・レッグ(The Honourable Heneage Legge、1788年2月28日 - 1844年12月12日)は、イギリスの庶民院議員。レッグは、第3代ダートマス伯爵ジョージ・レッグの次男であり、母レディ・フランシス (Lady Frances) は、第3代アイルズフォード伯爵ヘニッジ・フィンチ (Heneage Finch, 3rd Earl of Aylesford) の娘であった。第4代ダートマス伯爵ウィリアム・レッグやオナラブル・アーサー・レッグ将軍とは兄弟である。レッグは、バンベリー選挙区 (Banbury) から1819年に初めて議員に選出され、1826年に議席を弟アーサーに譲るまで、その座に留まった。レッグは関税局長官 (Commissioner of Customs) も務めた。レッグは、1821年に妻メアリ(Mary:旧姓ジョンストン née Johnstone)と結婚した。レッグは1844年に56歳で死去した。未亡人となった妻は、その後4年間生きていたが、1848年6月に死去した
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2881834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58768108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1819 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オナラブル・ヘニッジ・レッグ(The Honourable Heneage Legge、1788年2月28日 - 1844年12月12日)は、イギリスの庶民院議員。レッグは、第3代ダートマス伯爵ジョージ・レッグの次男であり、母レディ・フランシス (Lady Frances) は、第3代アイルズフォード伯爵ヘニッジ・フィンチ (Heneage Finch, 3rd Earl of Aylesford) の娘であった。第4代ダートマス伯爵ウィリアム・レッグやオナラブル・アーサー・レッグ将軍とは兄弟である。レッグは、バンベリー選挙区 (Banbury) から1819年に初めて議員に選出され、1826年に議席を弟アーサーに譲るまで、その座に留まった。レッグは関税局長官 (Commissioner of Customs) も務めた。レッグは、1821年に妻メアリ(Mary:旧姓ジョンストン née Johnstone)と結婚した。レッグは1844年に56歳で死去した。未亡人となった妻は、その後4年間生きていたが、1848年6月に死去した
rdfs:label
  • ヘニッジ・レッグ (1788年生)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of