Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • この項目ではドイツの中西部に存在するヘッセン地方の統治者の一覧を記す。ヘッセンの統治者達は伝統的に方伯(Landgraf)の称号を使用した。ヘッセンはもともとテューリンゲン方伯領の西部を構成していたが、13世紀中葉にブラバント公アンリ2世と妃ゾフィーの息子ハインリヒ1世が独立した領邦という形で相続した。16世紀後半からヘッセン方伯領は複数の方伯領に分裂したが、最も重要な地位を占めたのはヘッセン=カッセル方伯領とヘッセン=ダルムシュタット方伯領であった。19世紀初頭、ヘッセン=カッセルはヘッセン選帝侯領(Kurfürstentum Hessen)へ、ヘッセン=ダルムシュタットはより上位のヘッセン大公国(後にヘッセン・ウント・バイ・ライン大公国に改称)へとそれぞれ昇格した。前者は1866年にプロイセン王国に併合され、後者は1918年にドイツの君主制廃止に伴って消滅した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2164711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54248044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • この項目ではドイツの中西部に存在するヘッセン地方の統治者の一覧を記す。ヘッセンの統治者達は伝統的に方伯(Landgraf)の称号を使用した。ヘッセンはもともとテューリンゲン方伯領の西部を構成していたが、13世紀中葉にブラバント公アンリ2世と妃ゾフィーの息子ハインリヒ1世が独立した領邦という形で相続した。16世紀後半からヘッセン方伯領は複数の方伯領に分裂したが、最も重要な地位を占めたのはヘッセン=カッセル方伯領とヘッセン=ダルムシュタット方伯領であった。19世紀初頭、ヘッセン=カッセルはヘッセン選帝侯領(Kurfürstentum Hessen)へ、ヘッセン=ダルムシュタットはより上位のヘッセン大公国(後にヘッセン・ウント・バイ・ライン大公国に改称)へとそれぞれ昇格した。前者は1866年にプロイセン王国に併合され、後者は1918年にドイツの君主制廃止に伴って消滅した。
rdfs:label
  • ヘッセンの統治者一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:別号 of
is foaf:primaryTopic of