Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘゲモネ(英語:Hegemone、確定番号:Jupiter XXXIX)は、木星の衛星の1つ。スコット・S・シェパード(Scott S. Sheppard)率いるハワイ大学の天文学者チームが2003年に発見した。ヘゲモネの直径は約3kmで、軌道長半径は2370万3000km、公転周期は745.500日である。離心率は約0.4077であり、軌道傾斜角は黄道面に対して153°、木星の赤道面に対して150°である。ヘゲモネは、木星から2280万kmと2410万kmの間の距離を変則的な逆行軌道で公転し、軌道傾斜角が144.5°から158.3°の衛星のグループであるパシファエ群に属している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 715488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48546187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヘゲモネ(英語:Hegemone、確定番号:Jupiter XXXIX)は、木星の衛星の1つ。スコット・S・シェパード(Scott S. Sheppard)率いるハワイ大学の天文学者チームが2003年に発見した。ヘゲモネの直径は約3kmで、軌道長半径は2370万3000km、公転周期は745.500日である。離心率は約0.4077であり、軌道傾斜角は黄道面に対して153°、木星の赤道面に対して150°である。ヘゲモネは、木星から2280万kmと2410万kmの間の距離を変則的な逆行軌道で公転し、軌道傾斜角が144.5°から158.3°の衛星のグループであるパシファエ群に属している。
rdfs:label
  • ヘゲモネ (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of