Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヘクラ山(アイスランド語: Hekla)とはアイスランドの成層火山。アイスランド南部に位置し、国内で最も活動的な火山である。なお『ヘクラ(Hekla)』はアイスランド語で『頭巾』を意味する。標高1,491m、比高1,000m、周囲約19km、山頂は氷におおわれており、山体は山頂を通る割れ目の方向(東北東~西南西)方向に延びている。ヘクラ山はアイスランドの火山としてはめずらしくプリニー式噴火を何度も繰り返した経歴をもち、少なくとも16回の噴火が知られている。爆発的噴火はおもに山頂火口より生じ、溶岩の流出は山頂から東北東~西南西方向に広がる山腹割れ目噴火帯より起こる。最大の噴火は1766‐68年噴火で、1.3km3の溶岩を流出した。1845年9月2日に、大爆発(VEI=4,DVI=250)した。1947‐48年噴火では初期のプリニー式噴火の噴煙柱は27kmに達した。最近では、2000年2月28日に噴火した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1361025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54623780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ヘクラ Hekla
prop-ja:標高
  • 1491 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヘクラ山(アイスランド語: Hekla)とはアイスランドの成層火山。アイスランド南部に位置し、国内で最も活動的な火山である。なお『ヘクラ(Hekla)』はアイスランド語で『頭巾』を意味する。標高1,491m、比高1,000m、周囲約19km、山頂は氷におおわれており、山体は山頂を通る割れ目の方向(東北東~西南西)方向に延びている。ヘクラ山はアイスランドの火山としてはめずらしくプリニー式噴火を何度も繰り返した経歴をもち、少なくとも16回の噴火が知られている。爆発的噴火はおもに山頂火口より生じ、溶岩の流出は山頂から東北東~西南西方向に広がる山腹割れ目噴火帯より起こる。最大の噴火は1766‐68年噴火で、1.3km3の溶岩を流出した。1845年9月2日に、大爆発(VEI=4,DVI=250)した。1947‐48年噴火では初期のプリニー式噴火の噴煙柱は27kmに達した。最近では、2000年2月28日に噴火した。
rdfs:label
  • ヘクラ山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヘクラ Hekla
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of