Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プールポワン(仏: pourpoint)は、14世紀半ばから17世紀にかけて西欧男子が着用した主要な上衣。ダブレット、ダブリット(英: doublet)とも呼ぶ。時代を通じ多様な形態が見られるが、詰め物・キルティングが施されたこと、袖つきであることが共通する。主に絹、ビロード、ウール、サテン、金銀糸織、寄せ布などの素材で作られ、スラッシュ (slash)、ペンド (paned)、リボン、レースなどで装飾されることもあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2348161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54664106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プールポワン(仏: pourpoint)は、14世紀半ばから17世紀にかけて西欧男子が着用した主要な上衣。ダブレット、ダブリット(英: doublet)とも呼ぶ。時代を通じ多様な形態が見られるが、詰め物・キルティングが施されたこと、袖つきであることが共通する。主に絹、ビロード、ウール、サテン、金銀糸織、寄せ布などの素材で作られ、スラッシュ (slash)、ペンド (paned)、リボン、レースなどで装飾されることもあった。
rdfs:label
  • プールポワン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of