プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、まずは形容詞的用法が根底にあり、 * (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。) * 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。 * (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」 名詞的用法としては、 * profession(=「専門的な仕事」)に従事している人や、専門的な仕事で評価を得ている人。 * 特定の分野に従事している人で、その中でも特に、(「ひまつぶし」としてではなく)主たる収入を得る生業(なりわい)としてそれに従事している人。 * 特定の活動に関して能力が高く、技能に優れる人。 対義語はアマチュア (英:Amateur)。

Property Value
dbo:abstract
  • プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、まずは形容詞的用法が根底にあり、 * (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。) * 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。 * (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」 名詞的用法としては、 * profession(=「専門的な仕事」)に従事している人や、専門的な仕事で評価を得ている人。 * 特定の分野に従事している人で、その中でも特に、(「ひまつぶし」としてではなく)主たる収入を得る生業(なりわい)としてそれに従事している人。 * 特定の活動に関して能力が高く、技能に優れる人。 対義語はアマチュア (英:Amateur)。 professionalの類義語には「英: expert エキスパート」 (熟練者)や、英: specialist スペシャリストがある。 なおソフトウェア類や道具などで、メーカーが複数のグレードを用意している場合、(一般人向けの仕様の製品や性能の低いほうを「home ホーム」や「entry エントリー」等々呼んでおいて、あるいは何も言葉は足さずにただ製品名にしておいて)、性能的に優れているものや、専門家が仕事で使う想定の仕様になっているものを「professional」や「pro」という言葉を添えた製品名にすることは、英語圏ではしばしば行われている。それらの製品が他の言語圏に展開されると、大抵は「professional」や「pro」を現地語で音写した言葉が添えられることになる。 (ja)
  • プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、まずは形容詞的用法が根底にあり、 * (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。) * 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。 * (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」 名詞的用法としては、 * profession(=「専門的な仕事」)に従事している人や、専門的な仕事で評価を得ている人。 * 特定の分野に従事している人で、その中でも特に、(「ひまつぶし」としてではなく)主たる収入を得る生業(なりわい)としてそれに従事している人。 * 特定の活動に関して能力が高く、技能に優れる人。 対義語はアマチュア (英:Amateur)。 professionalの類義語には「英: expert エキスパート」 (熟練者)や、英: specialist スペシャリストがある。 なおソフトウェア類や道具などで、メーカーが複数のグレードを用意している場合、(一般人向けの仕様の製品や性能の低いほうを「home ホーム」や「entry エントリー」等々呼んでおいて、あるいは何も言葉は足さずにただ製品名にしておいて)、性能的に優れているものや、専門家が仕事で使う想定の仕様になっているものを「professional」や「pro」という言葉を添えた製品名にすることは、英語圏ではしばしば行われている。それらの製品が他の言語圏に展開されると、大抵は「professional」や「pro」を現地語で音写した言葉が添えられることになる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15060 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8764 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81196292 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2020 (xsd:integer)
  • --05-28
prop-ja:独自研究
  • 2020 (xsd:integer)
  • --05-28
dct:subject
rdfs:comment
  • プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、まずは形容詞的用法が根底にあり、 * (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。) * 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。 * (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」 名詞的用法としては、 * profession(=「専門的な仕事」)に従事している人や、専門的な仕事で評価を得ている人。 * 特定の分野に従事している人で、その中でも特に、(「ひまつぶし」としてではなく)主たる収入を得る生業(なりわい)としてそれに従事している人。 * 特定の活動に関して能力が高く、技能に優れる人。 対義語はアマチュア (英:Amateur)。 (ja)
  • プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、まずは形容詞的用法が根底にあり、 * (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。) * 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。 * (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」 名詞的用法としては、 * profession(=「専門的な仕事」)に従事している人や、専門的な仕事で評価を得ている人。 * 特定の分野に従事している人で、その中でも特に、(「ひまつぶし」としてではなく)主たる収入を得る生業(なりわい)としてそれに従事している人。 * 特定の活動に関して能力が高く、技能に優れる人。 対義語はアマチュア (英:Amateur)。 (ja)
rdfs:label
  • プロフェッショナル (ja)
  • プロフェッショナル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:award of
is dbo:occupation of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is foaf:primaryTopic of