Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プロピュライア(英:Propylaea、またはPropylea、またはPropylaia、古代ギリシア語: Προπύλαια)は、アテナイのアクロポリスへの入り口として機能した当初のプロピュライアに基づいた堂々とした入り口である。「プロピュライア」という言葉(propylaeumはラテン語)は接頭辞のpro(前という意味)とギリシア語のpylon(門)の複数形pylaionの合成語であり、文字通り門の前を意味するが、この言葉は単に「門となる建物」を意味するようになってきた。ベルリンのブランデンブルク門やミュンヘンのプロピュライアはアクロポリスのプロピュライア中央部を具体的に写したものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1780025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52173155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:architecturalStyle
prop-ja:buildingName
  • プロピュライア
prop-ja:location
prop-ja:locationTown
prop-ja:startDate
  • BC437 - BC432
prop-ja:structuralSystem
  • 石造建築構造(大理石)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 37.97172222222222 23.72513888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • プロピュライア(英:Propylaea、またはPropylea、またはPropylaia、古代ギリシア語: Προπύλαια)は、アテナイのアクロポリスへの入り口として機能した当初のプロピュライアに基づいた堂々とした入り口である。「プロピュライア」という言葉(propylaeumはラテン語)は接頭辞のpro(前という意味)とギリシア語のpylon(門)の複数形pylaionの合成語であり、文字通り門の前を意味するが、この言葉は単に「門となる建物」を意味するようになってきた。ベルリンのブランデンブルク門やミュンヘンのプロピュライアはアクロポリスのプロピュライア中央部を具体的に写したものである。
rdfs:label
  • プロピュライア
owl:sameAs
geo:lat
  • 37.971722 (xsd:float)
geo:long
  • 23.725140 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of