Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プロトン化水素分子(プロトンかすいそぶんし、英: protonated molecular hydrogen)、H3+ は水素原子核3個と電子2個からなる+1の電荷を持ったカチオンである。星間空間や水素ガスの放電中に、多量に存在する。星間空間は密度の比較的大きなところでも、地球上に比べて低圧(およそ10−15気圧以下)であり、他の分子との衝突頻度が少ないことからこのような反応性の高いイオンでもある程度の量が存在することができる。星間空間ではこの分子が他の多くの分子生成にとって出発分子であり、星間空間の化学において最も重要な役割を担っているといえる。また、H3+ は分子中にある2つの電子が共に価電子であり、最も単純な三原子カチオンでもある。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 923443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57012258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Trihydrogen-cation-3D-vdW.png
prop-ja:imagename
  • プロトン化水素分子の空間充填モデル
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • プロトン化水素分子
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • プロトン化水素分子(プロトンかすいそぶんし、英: protonated molecular hydrogen)、H3+ は水素原子核3個と電子2個からなる+1の電荷を持ったカチオンである。星間空間や水素ガスの放電中に、多量に存在する。星間空間は密度の比較的大きなところでも、地球上に比べて低圧(およそ10−15気圧以下)であり、他の分子との衝突頻度が少ないことからこのような反応性の高いイオンでもある程度の量が存在することができる。星間空間ではこの分子が他の多くの分子生成にとって出発分子であり、星間空間の化学において最も重要な役割を担っているといえる。また、H3+ は分子中にある2つの電子が共に価電子であり、最も単純な三原子カチオンでもある。
rdfs:label
  • プロトン化水素分子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • プロトン化水素分子
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of