Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プロテインG(Protein G)は免疫グロブリンに結合するタンパク質で、C群およびG群のレンサ球菌によって作られる。プロテインAとよく似ているが、特性は異なる。細胞表面にあるタンパク質で、分子量は65kDa(G148プロテインG)と58kDa(C40プロテインG)である。FabとFc領域が結合した抗体の精製することにより見出された。血清アルブミンは抗体源によく混入していて、天然のプロテインGはアルブミンにも結合するが、組換え型のプロテインGではアルブミン結合部位が除去されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3204471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55242771 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プロテインG(Protein G)は免疫グロブリンに結合するタンパク質で、C群およびG群のレンサ球菌によって作られる。プロテインAとよく似ているが、特性は異なる。細胞表面にあるタンパク質で、分子量は65kDa(G148プロテインG)と58kDa(C40プロテインG)である。FabとFc領域が結合した抗体の精製することにより見出された。血清アルブミンは抗体源によく混入していて、天然のプロテインGはアルブミンにも結合するが、組換え型のプロテインGではアルブミン結合部位が除去されている。
rdfs:label
  • プロテインG
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of