Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プログレッシブ・フィールド(Progressive Field)は、アメリカ合衆国のオハイオ州クリーブランドにある野球場。旧称ジェイコブス・フィールド(Jacobs Field)。MLBクリーブランド・インディアンスのホーム球場である。クリーブランドは1832年のオハイオ・エリー運河の開通によって重厚長大産業を中心とした工業都市として発展し、1920年代には全米5大都市の1つとして隆盛を極めた。しかし1960年代から1970年代にかけて鉄鋼業をはじめとする重工業が衰退、「湖畔の失敗」と呼ばれた。郊外へ流出した地元住民、そして観光客を呼び戻すべく、1980年代にダウンタウン再開発が始まった。その一環として1994年、クリーブランドのシンボルであるターミナル・タワー(タワー・シティ・センター)に隣接する一等地に、野球専用球場ジェイコブス・フィールドとNBAクリーブランド・キャバリアーズの本拠地ガンド・アリーナ(現クイックン・ローンズ・アリーナ)からなるスポーツ複合施設、ゲートウェイ・スポーツコンプレックスが建設された。前本拠地ミュニシパル・スタジアムに対するファンの評判は最悪だった。そのため1990年5月に行われた住民投票で、以後15年間タバコとアルコール類に特別税をかけることが承認され、球場建築費の一部に充てられた。なお、当初の計画はドーム球場だったが、これは住民投票で否決されている。工業都市クリーブランドらしく、白い壁と鉄骨を組み合わせた外観、煙突を連想させるような角張ったデザインの照明灯など、他の新古典主義の球場とは一線を画したデザインが目をひく。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 441172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56118421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第68回(1997年)
prop-ja:グラウンド
  • 天然芝(Kentucky Blue Grass)
prop-ja:スタジアム名称
  • プログレッシブ・フィールド
prop-ja:フェンスの高さ
  • その他 - 8 ft (約2.4 m)
  • 左翼 - 19 ft (約5.8 m)
prop-ja:使用チーム、大会
  • クリーブランド・インディアンス(MLB)(1994年 - 現在)
prop-ja:収容能力
  • 43863 (xsd:integer)
prop-ja:建設者
  • Development Corporation
  • Gateway Economic
prop-ja:建設費
  • 1 (xsd:integer)
  • Cuyahoga County:8400万ドル)
  • (インディアンス:9100万ドル、
prop-ja:愛称
  • Progressive Field
prop-ja:所在地
  • 2401 (xsd:integer)
  • Cleveland, Ohio 44115
prop-ja:所有者
  • Cuyahoga County
prop-ja:旧称
  • ジェイコブス・フィールド(1994年 - 2007年)
prop-ja:照明
  • 照明灯 - 19基
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:規模
  • 右中間 - 375 ft (約114.3 m)
  • 右翼 - 325 ft (約99.1 m)
  • 左中間 - 370 ft (約112.8 m)
  • 左翼 - 325 ft (約99.1 m)
  • 中堅 - 405 ft (約123.4 m)
prop-ja:設計者
prop-ja:起工
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:開場
  • --04-04
dcterms:subject
georss:point
  • 41.49608333333333 -81.68527777777778
rdf:type
rdfs:comment
  • プログレッシブ・フィールド(Progressive Field)は、アメリカ合衆国のオハイオ州クリーブランドにある野球場。旧称ジェイコブス・フィールド(Jacobs Field)。MLBクリーブランド・インディアンスのホーム球場である。クリーブランドは1832年のオハイオ・エリー運河の開通によって重厚長大産業を中心とした工業都市として発展し、1920年代には全米5大都市の1つとして隆盛を極めた。しかし1960年代から1970年代にかけて鉄鋼業をはじめとする重工業が衰退、「湖畔の失敗」と呼ばれた。郊外へ流出した地元住民、そして観光客を呼び戻すべく、1980年代にダウンタウン再開発が始まった。その一環として1994年、クリーブランドのシンボルであるターミナル・タワー(タワー・シティ・センター)に隣接する一等地に、野球専用球場ジェイコブス・フィールドとNBAクリーブランド・キャバリアーズの本拠地ガンド・アリーナ(現クイックン・ローンズ・アリーナ)からなるスポーツ複合施設、ゲートウェイ・スポーツコンプレックスが建設された。前本拠地ミュニシパル・スタジアムに対するファンの評判は最悪だった。そのため1990年5月に行われた住民投票で、以後15年間タバコとアルコール類に特別税をかけることが承認され、球場建築費の一部に充てられた。なお、当初の計画はドーム球場だったが、これは住民投票で否決されている。工業都市クリーブランドらしく、白い壁と鉄骨を組み合わせた外観、煙突を連想させるような角張ったデザインの照明灯など、他の新古典主義の球場とは一線を画したデザインが目をひく。
rdfs:label
  • プログレッシブ・フィールド
owl:sameAs
geo:lat
  • 41.496082 (xsd:float)
geo:long
  • -81.685280 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:venue of
is prop-ja:本拠地 of
is foaf:primaryTopic of