Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プレッシー対ファーガソン裁判(プレッシーたいファーガソンさいばん、Plessy v. Ferguson)は、「分離すれど平等」の主義のもと、公共施設(特に鉄道)での黒人分離は人種差別に当たらないとし、これを合憲としたアメリカ合衆国の裁判。法学上、画期的なアメリカ合衆国最高裁判所の判決となった。最高裁判決は1896年5月18日に下された。7対1の賛成多数によって判決は下された。判決理由の主な見解はヘンリー・ビリングス・ブラウン判事によって書かれ、ジョン・マーシャル・ハーラン判事が反対意見を書いた。「分離すれど平等」の主義は、後に1954年のブラウン対教育委員会裁判で最終的に否定されるまで、アメリカの標準的な主義として残った。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1040122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53359382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • Homer A. Plessy v. Ferguson
prop-ja:判例変更
  • Brown v. Board of Education, 347 U.S. 483
  • (ブラウン対教育委員会事件、ブラウン判決)
prop-ja:判例集
  • 163 (xsd:integer)
prop-ja:参照法条
  • アメリカ合衆国憲法修正第14条、1890年ルイジアナ州法第152号(1890 La. Acts 152)
prop-ja:多数意見
  • ブラウン
prop-ja:多数意見賛同
  • フラー、フィールド、グレイ、シラス、ホワイト、ペッカム
prop-ja:少数意見
  • ハーラン
  • (ブリューワーは不参加。)
prop-ja:裁判官
  • ステファン・ジョンソン・フィールド、ジョン・マーシャル・ハーラン、ホレイス・グレイ、デヴィッド・ジョサイア・ブリューワー、ヘンリー・ビリングス・ブラウン、ジョージ・シラス Jr.、エドワード・ダグラス・ホワイト、ルフス・フィーラー・ペッカム
prop-ja:裁判年月日
  • --05-18
prop-ja:裁判要旨
  • 州政府による「分離平等政策」(分離すれど平等、separate but equal)は、アメリカ合衆国憲法修正第14条に定める「平等保護条項」(Equal Protection Clause)に反しない。
prop-ja:訴訟当事者
  • プレッシー対ファーガソン
prop-ja:首席裁判官
  • メルヴィル・フラー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プレッシー対ファーガソン裁判(プレッシーたいファーガソンさいばん、Plessy v. Ferguson)は、「分離すれど平等」の主義のもと、公共施設(特に鉄道)での黒人分離は人種差別に当たらないとし、これを合憲としたアメリカ合衆国の裁判。法学上、画期的なアメリカ合衆国最高裁判所の判決となった。最高裁判決は1896年5月18日に下された。7対1の賛成多数によって判決は下された。判決理由の主な見解はヘンリー・ビリングス・ブラウン判事によって書かれ、ジョン・マーシャル・ハーラン判事が反対意見を書いた。「分離すれど平等」の主義は、後に1954年のブラウン対教育委員会裁判で最終的に否定されるまで、アメリカの標準的な主義として残った。
rdfs:label
  • プレッシー対ファーガソン裁判
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of