Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プルト条約は、1711年7月21日に、モルダヴィアのプルト川河岸において、オスマン帝国とロシア・ツァーリ国が結んだ平和条約である。条約はロシア・トルコ戦争(1710年‐1711年、プルト川の戦いとも)を終結させた。条約の条件は以下ほどのものであった。ロシアはオスマン帝国にアゾフを譲る。ロシアはタガンログをはじめ、南ロシアにある要塞の全てを破却する。ロシアはアゾフ地域においてオスマン帝国の要塞の構築を認める。ロシアはクリミア・ハン国へのザポロージャのコサックによる遠征を制止する。ロシアは右岸ウクライナをポーランド・リトアニア共和国の領土として認め、そこから撤退する。ロシアはポーランド・リトアニア共和国の政治に介入しないと約束する。ロシアはスウェーデン国王カール12世にロシア国内経由で帰国を許可する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2181931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59070208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プルト条約は、1711年7月21日に、モルダヴィアのプルト川河岸において、オスマン帝国とロシア・ツァーリ国が結んだ平和条約である。条約はロシア・トルコ戦争(1710年‐1711年、プルト川の戦いとも)を終結させた。条約の条件は以下ほどのものであった。ロシアはオスマン帝国にアゾフを譲る。ロシアはタガンログをはじめ、南ロシアにある要塞の全てを破却する。ロシアはアゾフ地域においてオスマン帝国の要塞の構築を認める。ロシアはクリミア・ハン国へのザポロージャのコサックによる遠征を制止する。ロシアは右岸ウクライナをポーランド・リトアニア共和国の領土として認め、そこから撤退する。ロシアはポーランド・リトアニア共和国の政治に介入しないと約束する。ロシアはスウェーデン国王カール12世にロシア国内経由で帰国を許可する。
rdfs:label
  • プルト条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of