Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プリンスローズあるいはプランスロゼ(Prince Rose)はベルギーの競走馬。ベルギー競馬史上最強馬にして世界的影響を残した名馬である。父はローズプリンス、母はインドレンスで本馬はイギリス産。現役時代は20戦16勝(17戦16勝とも)の成績を残し59,267ドル(米貨換算)を稼ぎ出した。ベルギーでは日本の有馬記念にあたるブリュッセル大賞を楽勝し、ジャパンカップにあたるオステンド大賞でもフランスの名牝パールキャップを相手に1馬身差で勝利した。翌年にはオステンド大賞連覇を果たした。3,4歳時はベルギー国内で無敗を誇った。3歳時にはフランスの凱旋門賞に遠征しパールキャップの3着に敗れたが、ちぐはぐなレースぶりでトウルビヨンらを抑えており、1,2着馬と実力差はなかったと言われている。翌年もう一度フランスに遠征し共和国大統領賞(現サンクルー大賞)を制しついにベルギー外での勝利をものにした。そしてオステンド大賞連覇を達成したところで故障を発生し引退した。種牡馬成績は当初ベルギーで供用されたためテールローズがドーヴィル大賞典に勝った程度だったが、1938年にフランスに移動してからは短期間のうちにプリンスキロ(米名馬)、プリンスビオ(プール・デッセ・デ・プーラン、仏リーディングサイアー)、プリンスシュヴァリエ(ジョッケクルブ賞、仏リーディングサイアー)を輩出した。1946年、フランス、そしてベルギーのリーディングサイアーになっている。1944年、連合国の攻撃(ノルマンディー上陸作戦)に巻き込まれ、焼死した。奇しくも牧場の火事で死亡した祖父・プリンスパラタインと同じ死に方であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 381056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56325260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
  • 1919 (xsd:integer)
  • Rose Prince
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
prop-ja:ffm
  • Lady Lightfoot
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Glare
prop-ja:fm
  • 1906 (xsd:integer)
  • Eglantine
prop-ja:fmf
  • Perth
prop-ja:fmff
  • War Dance
prop-ja:fmfm
  • Primrose Dame
prop-ja:fmm
  • Rose de Mai
prop-ja:fmmf
  • Callistrate
prop-ja:fmmm
  • May Pole
prop-ja:inf
  • セントサイモン系・10号族 / Galopin5×5.5=9.38% Hampton5×5=6.25% Barcaldine5×5=6.25%
prop-ja:jbis
  • 334885 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1920 (xsd:integer)
  • Indolence
prop-ja:mf
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
prop-ja:mffm
  • Galicia
prop-ja:mfm
  • Gay Laura
prop-ja:mfmf
  • Beppo
prop-ja:mfmm
  • Galeottia
prop-ja:mm
  • 1910 (xsd:integer)
  • Barrier
prop-ja:mmf
  • Grey Leg
prop-ja:mmff
  • Pepper and Salt
prop-ja:mmfm
  • Quetta
prop-ja:mmm
  • Bar the Way
prop-ja:mmmf
  • Right-Away
prop-ja:mmmm
  • Barrisdale
prop-ja:name
  • プリンスローズ
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • Dr. H.Coppez
prop-ja:
  • プリンスローズ
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 1944 (xsd:integer)
prop-ja:
  • Indolence
prop-ja:母父
prop-ja:
  • Rose Prince
prop-ja:
  • 1928 (xsd:integer)
prop-ja:
  • Lord Durham
prop-ja:
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
  • プリンスローズ
prop-ja:調
  • G.Charton
prop-ja:
  • 5 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プリンスローズあるいはプランスロゼ(Prince Rose)はベルギーの競走馬。ベルギー競馬史上最強馬にして世界的影響を残した名馬である。父はローズプリンス、母はインドレンスで本馬はイギリス産。現役時代は20戦16勝(17戦16勝とも)の成績を残し59,267ドル(米貨換算)を稼ぎ出した。ベルギーでは日本の有馬記念にあたるブリュッセル大賞を楽勝し、ジャパンカップにあたるオステンド大賞でもフランスの名牝パールキャップを相手に1馬身差で勝利した。翌年にはオステンド大賞連覇を果たした。3,4歳時はベルギー国内で無敗を誇った。3歳時にはフランスの凱旋門賞に遠征しパールキャップの3着に敗れたが、ちぐはぐなレースぶりでトウルビヨンらを抑えており、1,2着馬と実力差はなかったと言われている。翌年もう一度フランスに遠征し共和国大統領賞(現サンクルー大賞)を制しついにベルギー外での勝利をものにした。そしてオステンド大賞連覇を達成したところで故障を発生し引退した。種牡馬成績は当初ベルギーで供用されたためテールローズがドーヴィル大賞典に勝った程度だったが、1938年にフランスに移動してからは短期間のうちにプリンスキロ(米名馬)、プリンスビオ(プール・デッセ・デ・プーラン、仏リーディングサイアー)、プリンスシュヴァリエ(ジョッケクルブ賞、仏リーディングサイアー)を輩出した。1946年、フランス、そしてベルギーのリーディングサイアーになっている。1944年、連合国の攻撃(ノルマンディー上陸作戦)に巻き込まれ、焼死した。奇しくも牧場の火事で死亡した祖父・プリンスパラタインと同じ死に方であった。
rdfs:label
  • プリンスローズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:f of
is prop-ja:ff of
is prop-ja:fff of
is prop-ja:ffff of
is prop-ja:fmff of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfff of
is prop-ja:mmff of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of