Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プリンスリーギフト(Princely Gift、1951年 - 1973年)はイギリスの競走馬・種牡馬。鹿毛の牡のサラブレッド。大種牡馬ナスルーラとイギリスで3勝したブルージェムの間に生まれ、競走馬としては1953年から1956年に23戦して9勝。勝ち鞍はクリアウエルステークス、モールトンステークス、チャレンジステークス、ハンガーフォードステークス、ポートランドハンデキャップなど。ほかにジュライステークス2着などがある。総獲得賞金は6,673ポンドであった。1956年に引退し種牡馬入りすると、ナスルーラの後継種牡馬の一頭となった。1966年にはイギリスの2歳種牡馬ランキング3位、翌1967年には2位に付ける。産駒の傾向として、フロリバンダ、ファバージ、キングストループ、サンプリンセス、ソーブレスドなど早熟で短距離が得意な馬を輩出した。プリンスリーギフトの仔は、テスコボーイ、ファバージ、バーバーらが日本に輸出され大成功した。これらの成功を受け日本のサラブレッド生産界は、プリンスリーギフト産駒、さらにはラインゴールドやボイズィーボーイなどプリンスリーギフトの孫世代にあたる種牡馬まで次々に輸入した。その数は20頭以上にのぼる。その結果、日本では一時的にプリンスリーギフトの血を持つ馬が増加したが、日本以外の国では、プリンスリーギフトの血を持つ馬は希少となった。父系子孫としてはテスコボーイのものが比較的発展し、トウショウボーイ - ミスターシービー - ヤマニングローバルのラインが2000年代初頭まで、またエアジハードやサクラバクシンオーなどのサクラユタカオーを経たものは現在でも残っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 526890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51835901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
prop-ja:ffm
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Catnip
prop-ja:fm
  • 1932 (xsd:integer)
  • Mumtaz Begum
prop-ja:fmf
prop-ja:fmff
  • Blandford
prop-ja:fmfm
  • Malva
prop-ja:fmm
prop-ja:fmmf
prop-ja:fmmm
prop-ja:inf
  • ナスルーラ系・13号族 / Pharos 3×3=25% Blandford4×3=18.75% The Tetrarch4×5=9.38%
prop-ja:jbis
  • 334436 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1943 (xsd:integer)
  • Blue Gem
prop-ja:mf
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
  • Phalaris
prop-ja:mffm
  • Scapa Flow
prop-ja:mfm
  • Fancy Free
prop-ja:mfmf
prop-ja:mfmm
  • Celiba
prop-ja:mm
  • 1935 (xsd:integer)
  • Sparkle
prop-ja:mmf
prop-ja:mmff
prop-ja:mmfm
  • Blanche
prop-ja:mmm
  • Gleam
prop-ja:mmmf
prop-ja:mmmm
  • Eagerford
prop-ja:name
  • プリンスリーギフト
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プリンスリーギフト(Princely Gift、1951年 - 1973年)はイギリスの競走馬・種牡馬。鹿毛の牡のサラブレッド。大種牡馬ナスルーラとイギリスで3勝したブルージェムの間に生まれ、競走馬としては1953年から1956年に23戦して9勝。勝ち鞍はクリアウエルステークス、モールトンステークス、チャレンジステークス、ハンガーフォードステークス、ポートランドハンデキャップなど。ほかにジュライステークス2着などがある。総獲得賞金は6,673ポンドであった。1956年に引退し種牡馬入りすると、ナスルーラの後継種牡馬の一頭となった。1966年にはイギリスの2歳種牡馬ランキング3位、翌1967年には2位に付ける。産駒の傾向として、フロリバンダ、ファバージ、キングストループ、サンプリンセス、ソーブレスドなど早熟で短距離が得意な馬を輩出した。プリンスリーギフトの仔は、テスコボーイ、ファバージ、バーバーらが日本に輸出され大成功した。これらの成功を受け日本のサラブレッド生産界は、プリンスリーギフト産駒、さらにはラインゴールドやボイズィーボーイなどプリンスリーギフトの孫世代にあたる種牡馬まで次々に輸入した。その数は20頭以上にのぼる。その結果、日本では一時的にプリンスリーギフトの血を持つ馬が増加したが、日本以外の国では、プリンスリーギフトの血を持つ馬は希少となった。父系子孫としてはテスコボーイのものが比較的発展し、トウショウボーイ - ミスターシービー - ヤマニングローバルのラインが2000年代初頭まで、またエアジハードやサクラバクシンオーなどのサクラユタカオーを経たものは現在でも残っている。
rdfs:label
  • プリンスリーギフト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:f of
is prop-ja:ff of
is prop-ja:fff of
is prop-ja:ffff of
is prop-ja:fmf of
is prop-ja:fmff of
is prop-ja:fmmf of
is prop-ja:mf of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfff of
is prop-ja:mfmf of
is prop-ja:mmf of
is prop-ja:mmff of
is prop-ja:mmmf of
is prop-ja:母父 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of