Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プリスキラ(英語など:Priscilla)は、新約聖書に登場する人物である。プリスキラはルカが使徒行伝に記す愛称で、正式にはプリスカ(Prisca)という。ポントス生まれのユダヤ人アクラの妻である。夫のアクラよりも初代教会で影響があったために、「プリスキラとアクラ」の順番で記されていると言われる。49年にクラウディウス帝が出したユダヤ人退去命令によりローマからコリントに移り、天幕作りをしていた。これらは、伝道旅行でコリントに来たパウロを迎え入れ、パウロの伝道活動を助け共に天幕作りを行った。パウロがエペソに移ったときも、共にエペソに移った。そして、「ローマ人への手紙」に名前が登場するので、最終的にはローマに帰還したと見られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2526201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53525567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プリスキラ(英語など:Priscilla)は、新約聖書に登場する人物である。プリスキラはルカが使徒行伝に記す愛称で、正式にはプリスカ(Prisca)という。ポントス生まれのユダヤ人アクラの妻である。夫のアクラよりも初代教会で影響があったために、「プリスキラとアクラ」の順番で記されていると言われる。49年にクラウディウス帝が出したユダヤ人退去命令によりローマからコリントに移り、天幕作りをしていた。これらは、伝道旅行でコリントに来たパウロを迎え入れ、パウロの伝道活動を助け共に天幕作りを行った。パウロがエペソに移ったときも、共にエペソに移った。そして、「ローマ人への手紙」に名前が登場するので、最終的にはローマに帰還したと見られている。
rdfs:label
  • プリスキラとアクラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of