Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プリオノスクス(Prionosuchus)は、約2億7,000万年前(古生代ペルム紀後期)に生息していた原始的両生類である。絶滅した迷歯亜綱中の分椎目-アルケゴサウルス科に分類される。現在知られる限りで史上最大の両生類である(長さの比較資料:1 E0 m)。化石はブラジル北東部のパルナイーバ盆地(Parnaiba Basin)から断片的なものが発見されている。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1198307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51842789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * P. plummeri (Price, 1948)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜綱
  • †迷歯亜綱
prop-ja:名称
  • プリオノスクス
prop-ja:地質時代
  • 約2億7,000万年前
  • (古生代ペルム紀後期)
prop-ja:学名
  • (Price, 1948)
  • Prionosuchus 
prop-ja:
  • プリオノスクス属
prop-ja:画像キャプション
  • Prionosuchus plummeri
prop-ja:
  • 分椎目
prop-ja:省略
  • 両生綱
prop-ja:
  • アルケゴサウルス科
dc:description
  • Prionosuchus plummeri
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • プリオノスクス(Prionosuchus)は、約2億7,000万年前(古生代ペルム紀後期)に生息していた原始的両生類である。絶滅した迷歯亜綱中の分椎目-アルケゴサウルス科に分類される。現在知られる限りで史上最大の両生類である(長さの比較資料:1 E0 m)。化石はブラジル北東部のパルナイーバ盆地(Parnaiba Basin)から断片的なものが発見されている。
rdfs:label
  • プリオノスクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 両生綱
  • プリオノスクス
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of