Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 833.0
dbpedia-owl:abstract
  • プリイェドル(セルビア語: Приједор, ボスニア語: Prijedor, クロアチア語: Prijedor)はボスニア・ヘルツェゴビナの都市および基礎自治体で、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちスルプスカ共和国に属する。プリイェドルはスルプスカ共和国では2番目に大きな都市で、ボスニア・ヘルツェゴビナでも6番目に大きな都市である。経済的にも豊かな都市で、幅広い工業やサービス等の産業、教育機関などが立地している。地理的にも戦略的な地点に位置し、ザグレブやベオグラードの他、リュブリャナ、ウィーン、ブダペストなど欧州連合加盟の近隣国の首都へも近いことから工業や商業の成長にとってボスニア・ヘルツェゴビナにとっては重要な位置を占めている。2006年から2009年にかけ建物の修復が進められ町は刷新され、現代ヨーロッパの中規模都市のようになった。プリイェドルは様々な宗教的な場所が混在することで知られており、カトリック、正教、イスラーム等の文化遺産がある。歴史的なオスマン期やオーストリア時代の建物はプリイェドルの町の景観を表している。
dbpedia-owl:areaTotal
  • 833000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 119096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2338425 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59014797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:人口密度(平方キロ当たり)_
  • 143 (xsd:integer)
prop-ja:位置図
  • Prijedor municipality.svg
prop-ja:位置図の見出し
  • ボスニア・ヘルツェゴビナでのプリイェドルの位置
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:協定世界時との時差
  • +1
prop-ja:夏時間の協定世界時との時差
  • +2
prop-ja:夏時間の等時帯
prop-ja:市外局番
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:市章
  • PRIJEDOR GRB COAT-OF-ARMS WAPPEN 2013.svg
prop-ja:最高行政執行者所属党派
prop-ja:最高行政執行者称号
  • 市長
prop-ja:標高(メートル)_
  • 136 (xsd:integer)
prop-ja:正式名称
  • プリイェドル
prop-ja:画像の見出し
  • プリイェドル中心部
prop-ja:画像サイズ指定
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 119096 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 833 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 44 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:規模
prop-ja:郵便番号
  • 79101 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • プリイェドル(セルビア語: Приједор, ボスニア語: Prijedor, クロアチア語: Prijedor)はボスニア・ヘルツェゴビナの都市および基礎自治体で、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちスルプスカ共和国に属する。プリイェドルはスルプスカ共和国では2番目に大きな都市で、ボスニア・ヘルツェゴビナでも6番目に大きな都市である。経済的にも豊かな都市で、幅広い工業やサービス等の産業、教育機関などが立地している。地理的にも戦略的な地点に位置し、ザグレブやベオグラードの他、リュブリャナ、ウィーン、ブダペストなど欧州連合加盟の近隣国の首都へも近いことから工業や商業の成長にとってボスニア・ヘルツェゴビナにとっては重要な位置を占めている。2006年から2009年にかけ建物の修復が進められ町は刷新され、現代ヨーロッパの中規模都市のようになった。プリイェドルは様々な宗教的な場所が混在することで知られており、カトリック、正教、イスラーム等の文化遺産がある。歴史的なオスマン期やオーストリア時代の建物はプリイェドルの町の景観を表している。
rdfs:label
  • プリイェドル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • プリイェドル
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ホームタウン of
is foaf:primaryTopic of