Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プランク定数(プランクていすう、プランクじょうすう、英語: Planck constant)は、量子論を特徴付ける物理定数である。量子力学の創始者の一人であるマックス・プランクにちなんで命名された。作用の次元を持ち、作用量子とも呼ばれている。SIにおける単位はジュール秒(記号: J s)である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58665929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:不確かさ
  • 1.200000 (xsd:double)
prop-ja:名称
prop-ja:英語
  • Dirac's constant
  • Planck constant
  • reduced Planck constant
prop-ja:語源
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プランク定数(プランクていすう、プランクじょうすう、英語: Planck constant)は、量子論を特徴付ける物理定数である。量子力学の創始者の一人であるマックス・プランクにちなんで命名された。作用の次元を持ち、作用量子とも呼ばれている。SIにおける単位はジュール秒(記号: J s)である。
rdfs:label
  • プランク定数
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of