Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プラズマ切断(プラズマせつだん)とは、プラズマ化した酸素や空気を母材に直接吹き付けることにより、瞬時に母材を溶解させ切断する方法である。プラズマジェットと呼ばれることもある。吹き付けられた場所の温度は数万℃にも達する。その構造上、水中でも充分な威力で使用できる。主に、ガス溶断を適用することができないステンレス鋼・アルミニウム合金の溶断の他、軟鋼の高速切断にも用いられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2103451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47388004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プラズマ切断(プラズマせつだん)とは、プラズマ化した酸素や空気を母材に直接吹き付けることにより、瞬時に母材を溶解させ切断する方法である。プラズマジェットと呼ばれることもある。吹き付けられた場所の温度は数万℃にも達する。その構造上、水中でも充分な威力で使用できる。主に、ガス溶断を適用することができないステンレス鋼・アルミニウム合金の溶断の他、軟鋼の高速切断にも用いられている。
rdfs:label
  • プラズマ切断
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of