Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『プラスティック・メモリーズ』(Plastic Memories)は、2015年4月より6月まで放送された日本のテレビアニメ作品。通称は「プラメモ」。全13話。
dbpedia-owl:creator
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:productionCompany
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3130657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59207064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:2前番組
  • アニメ女子おうちカフェ部♪
prop-ja:2放送局
prop-ja:2放送枠
  • 30.0
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • プラスティック・メモリーズ
prop-ja:3前番組
prop-ja:3放送局
prop-ja:3放送枠
  • 水曜アニメ〈水もん〉 第1部
prop-ja:3次番組
prop-ja:3番組名
  • プラスティック・メモリーズ
prop-ja:_
  • 漫画作品 ふ
  • 自律ロボットを題材とした漫画作品
  • 電撃G'sコミック
prop-ja:aux
  • dbpedia-ja:入江泰浩
  • dbpedia-ja:福田道生
  • dbpedia-ja:上坪亮樹
  • 演出
  • 作画監督
  • 絵コンテ
  • 山崎淳
  • 木村泰大
  • 福田道夫
  • 福田道生
  • 菅原静貴
  • 藤原佳幸
  • 木野目優
  • 山崎淳、八木明、保村成、高橋沙妃、久保茉莉子、菊池愛
  • 橋口隼人、加藤壮、伊藤晋之、八木明、渡邉祐記、山崎淳
  • 菊池愛、高橋沙妃、武藤幹、曾我篤史、八木明、丸山修二、渡邉祐記
  • 中島千明、渡邉祐記、山崎淳、八木明、中本尚、菊永千里、海保仁美、高橋沙妃、菊池愛、市原圭子、伊藤大翼、丸山修二、東島久志、中野裕紀
  • 三島千枝、一ノ瀬結梨、谷口元浩
  • 中島千明、菊池愛
  • 伊藤晋之
  • 山崎みつえ
  • 東島久志
  • 渡邉祐記
  • 袖山里都、中本尚
  • 野木森達哉
  • 飯野慎也
  • 高橋沙妃
  • 村上竜之介、﨑口さおり、東島久志、福田さちこ、針場裕子、袖山麻美、八木明
prop-ja:aux1colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:aux3style
  • 45.0
prop-ja:islast
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:linecolor
  • #00FFFF
prop-ja:number
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #01
  • #02
  • #03
  • #04
  • #05
  • #06
  • #07
  • #08
  • #09
prop-ja:redirect
  • プラスティック・メモリーズ Say to good-bye
prop-ja:summary
  • 2 (xsd:integer)
  • カヅキは「社内恋愛禁止」という理由でツカサとアイラのコンビを解消させたが、それはとっさの嘘で、アイラを説得してツカサとの気持ちに正直になるようにするためだった。翌朝からアイラはカヅキと再びペアとなり、マフィアのボスであるアントニオ(声 - 中博史)が所有するギフティア・サラ(声 - 高垣彩陽)の回収に向かう。アントニオはサラにずっとボディガード役ばかりさせてしまい、人間らしく遊ばせてやれなかったことを気にかけており、回収期日までの1週間の間、アイラに遊び友達になってほしいと希望する。アイラは「アントニオも一緒に遊ぶ」という条件の元でこれを快諾し、アントニオとサラは最後の1週間を楽しく過ごし始める。
  • ついにアイラの回収期日がやってきた。ツカサとアイラは朝早くから起きだし、2人で朝日を眺め、部屋の掃除をし、職場に顔を出すなどいつも通りの日常を送る。だが、2人が職場に来ることを読んでいたカヅキがアイラの身分証を取り上げ、追い出してしまう。それは、最後までツカサと一緒に幸せな時間を過ごさせるための、第1ターミナルサービス全員を代表しての気遣いだった。
  • カーニバル当日、エルはアンディと過ごす中で、彼女とオリヴィアは違う存在だと割り切り、新しい思い出を一緒に作っていくという決意を固める。ツカサもそれを聞いて奮起し、アイラが好きだからずっと一緒にいたいと一世一代の告白をする。しかし、アイラは真っ赤になって「無理です!」と叫んでしまい、ツカサの告白は失敗に終わった。
  • そして入院期間が明け、寮に戻れることになったアイラは、帰りが遅いツカサをオフィスに迎えに行く。そこではちょうどカヅキがツカサに「アイラは残り1000時間しか寿命が残っていない」と告げていた。このままペアを組み続けるか、解消するかの選択を迫られたツカサは、最後までアイラと一緒にいることを力強く宣言する。それを部屋の外で聞いていたアイラは晴れ晴れとした気持ちで先に寮に戻り、帰宅したツカサを、これまで見せたことのない最高の笑顔で出迎えるのだった。
  • 意気消沈するツカサが帰宅すると、アイラがずっと部屋の前で待っていた。ツカサは「いらなければ捨ててもいいから」と、遊園地で買ってきた小さなキーホルダーを渡した。アイラは返礼として、その日一緒に買ってきた茶葉でツカサにお茶を淹れ、ささやかなティータイムを楽しんだ。
  • 仕事が終わった後、カヅキは「何故サラとアントニオと一緒に過ごさせる提案をしたのか」とアイラに尋ねる。それに対してアイラは「人は好きな人と最後まで一緒にいたいものだから」と答えた。カヅキは、それはアイラとツカサにも当てはまることだと言い聞かせ、もう一度よく考えて答えを出せと説得する。アイラはその晩「自分がツカサから離れたら、ツカサの中には辛い思い出だけが残る」と思い直し、同時に自分もツカサが好きだと答えを出した。そして翌朝、アイラは第1ターミナルサービスの全員が見守る中でツカサに愛を告白し、ツカサもそれを優しく受け入れるのだった。
  • アイラの回収期日が刻一刻と迫る中、アイラは「このまま眠ったら、自分はもう目覚めなくなるのではないか」という不安に襲われていた。翌朝にツカサとアイラが出勤すると、同僚や上司から映画のチケットや旅行のパンフレットなど、様々なプレゼントを渡された。それは、2人で居られる時間が残り僅かなツカサとアイラに、少しでも楽しい時間を過ごしてもらいたいという心遣いだった。2人は次の日に休暇をとって映画を見に出かけ、その帰り道に「最後まで、いつも通りの日常を過ごそう」と決める。そしてある日、カヅキはツカサを呼び出し、一枚の書類を手渡す。それはアイラの回収同意書だった。アイラは「ツカサにサインして欲しい」と望み、ツカサはしっかりと自分の名前を書き記す。
  • アイラとの別れから9ヶ月後、ツカサは長期出張から戻り、第1ターミナルサービスに復職する。そして、彼の新しい相棒となるギフティアがカヅキから紹介された。ツカサはその手を取り、晴れ晴れとした顔で優しく握手をかわすのだった。
  • マーシャを巡る事件は、ツカサが彼女を強制停止させたことで決着した。アイラは怪我を治すために短期間の入院を余儀なくされる。その期間中、アイラは自分がうまく動けず、ツカサにトリガーを引かせてしまったことを悔やむが、何事もなかったかのように笑顔を浮かべるツカサを見て、「何故ツカサは笑っていられるのか」と疑問を抱き、同時に彼に特別な感情を持ったことをエルとミチルに打ち明ける。エルはそれを恋心だと教え、ミチルは「ツカサは悲しいから笑っているのかもしれない」と告げる。
  • 次の日は、2人が担当する最後の仕事であるサラの回収を行う日だった。アントニオ一家が別れを惜しむ中、サラは安らかに眠りについた。その直前、アイラがサラの耳元で何かをささやき、サラがそれに「あなたも」と答えるのをツカサは見ていた。
  • そして回収日の前日、SAIの社員を名乗る中年男性が若苗家を訪問する。だがその男は、SAI社の名を騙ってギフティアを回収する闇回収業者だった。
  • 少しでもアイラとの思い出を作りたいツカサは、彼女とデートすることを決意する。誘うタイミングを何度か逸しながらもアイラとの約束を取り付けたツカサは、意気揚々と仕事に取り組む。一方でアイラもエルやミチルにデート指南を受け、唯一持っているよそ行きの服を仕立て直してもらい、その日に備えるのだった。
  • 告白を断られたツカサは無気力になり、何もかも手に付かない状態になってしまった。告白を断った理由をミチルに尋ねられたアイラは、気が動転して何を言っていいのかわからなかったと答える。ミチルは2人の気持ちを整理させるため、短期間別室で暮らすように言い渡す。その間に告白当時の状況をアイラから聞き出したミチルは、アイラがツカサに恋心を抱いていると確信し、彼女を応援すると請け負う。だが、アイラは自分があと1ヶ月の寿命であることをミチルに打ち明け、だからこそ自分はツカサから離れなければならないと言い出す。
  • 数日後、耐用期限が迫ったギフティアであるニーナ(声 - 久野美咲)を回収する任務において、アイラは何度も所有者の白花チヅ(声 - 鈴木れい子)へ説得を試みようとするが、チヅの頑固な性格を前に門前払い続きとなる。そんな中、アイラをシャワーに勧めたニーナとアイラとの会話を聞いたチヅは、ニーナとの別れを惜しみながらも回収作業に立ち会い、今まで彼女が齎してくれた貴重な時間に対するお礼を言い、ニーナを送り出した。
  • そして最後に観覧車に乗っている最中、ツカサは無理がたたって気を失ってしまう。再び目覚めた時には自宅のベッドに寝かされており、アイラがずっと付き添っていた。ツカサは最後に倒れてしまったことを謝り、アイラと「また一緒にデートに行こう」と約束しあうのだった。
  • 仕事を終えた2人がオフィスに戻ると、アイラの慰労会の準備が整えられていた。アイラは楽しい時間を過ごし、ツカサと一緒に家路につく。ツカサはアイラに、回収作業の際に何をギフティアにささやきかけているのかを尋ねる。アイラはそれに対して「大切な人と、いつかまた巡り逢えますように」と答えた。
  • それを聞いたミチルはツカサに、アイラの寿命のことを知っていて告白したのか、ツカサがやろうとしていることは最も辛いことだと食って掛かった。それでもなお、ツカサはすべてを受け入れた上でアイラと最後まで歩む覚悟を決めていた。ミチルはそれを知り、改めて二人の恋を応援すると宣言する。しかしその夜、ツカサとアイラの部屋にカヅキが現れ、2人のコンビを解消するという業務命令を下す。
  • デート当日の朝、ツカサは寒気と熱っぽさを感じるが、それを無視してアイラと遊園地へのデートに出かける。アイラは遊園地にある一つのベンチにツカサを案内し、そこでかつてはカヅキと共に様々な人々の笑顔を見て過ごしていたこと、彼女とのペアを解消した場所であることを打ち明ける。さらに、アイラが遊園地の遊具で遊んだことはないと聞いたツカサは、一緒に園内の様々な遊具にアイラを案内する。
  • 主人公・ツカサは駆け込んで乗ったエレベーターの中、どこか儚げに外を眺める一人の少女に出会う。SAI社への入社初日、ツカサはターミナルサービスのオフィスへ配属され、先輩社員のカヅキからギフティアの知識を教わる。本来ならば人間とギフティアがペアになり、耐用年数が迫ったギフティアの回収の仕事をこなすはずなのだが、新入社員がいないと認識していたカヅキはツカサとペアになるギフティアを用意していなかった。そんな中、お茶の差し入れにやってきたギフティア・アイラがツカサのパートナーに選ばれる。ツカサは教育係に選ばれたミチルと彼女のパートナーのザック、そしてアイラと共にギフティアの回収任務へ向かう。初めてギフティアの回収任務を見たツカサに対して、ミチルは回収するにあたって順守すべき法律を伝える。その後、アイラを中心に回収作業をしようとするが、彼女の暴走で問題を引き起こしてしまう。
  • その一件を通じて友人となったエルとアンディは、エルの地元で行われるカーニバルに一緒に行くことになった。だが、エルは「2人だけだとオリヴィアとの思い出が蘇って辛いので、一緒に来てほしい」と、ツカサにも声をかける。ツカサはアイラに打ち上げ花火を見せてあげたいという思いもあり、一緒に行くことにする。
  • 「スポッターとマークスマンは一緒に暮らす」という社内規則を聞かされたツカサは、アイラの部屋に同居することになった。だが、自室でのアイラは社内で一緒に過ごす時よりもさらに無口で、うまくコミュニケーションが取れない。アイラともっと信頼関係を深めたいツカサは様々な方法で彼女の気をひこうとするが、どれも空回りに終わる。一計を案じたツカサは「普段世話になっている人へのプレゼントを買うのを手伝って欲しい」という名目でアイラとショッピングに出かけ、最後に「本当はアイラと思い出を作りたい」と打ち明けた。だが、それを聞いたアイラはそっけない態度に戻り、その場を走り去ってしまう。
  • マーシャは買い物から帰宅する途中で闇回収業者に襲われ、監禁されていた。彼女の耐用期間はあと24時間しか残されておらず、それを過ぎるとワンダラーと化してしまう危険があった。第1ターミナルサービスは全支局員を動員して捜索を開始するが、それと同時に本社の指示で民間警備会社のアール・セキュリティ社も動き出す。彼らとは3年前にワンダラーを巡る事件で遺恨があった。カヅキは隊員の一人、東雲(声 - 三宅健太)と交渉し、闇回収業者のアジトを割り出すが、マーシャはそこから単独で逃げ出していた。カヅキはマーシャがワンダラーになったと判断し、彼女の破壊を決断する。
  • ツカサとアイラは自動車修理工場に赴き、そこで働くギフティア・マックス(声 - 斉藤壮馬)の回収を行おうとするが、アイラが脅迫じみた挨拶をしたために逃げられてしまう。ツカサとアイラはこれで3度も同じようなミスをしており、そのことでツカサは「だからコネ入社の新人はダメなんだ!」とミチルに嫌味を言われてしまう。そんな中、ツカサはアイラが毎日のようにトレーニングに勤しんでいることを知る。ベテラン社員・ヤスタカによれば、本来はそのようなトレーニングはギフティアにとってさほど意味を成さないとのことだが、アイラはツカサの足を引っ張りたくない一心でトレーニングをしていると語った。ツカサはそんな彼女のために業務マニュアルを作成し、業務の改善を試みた。その試みは功を奏し、マックスとそのオーナーである柳ユタカ(声 - 山本兼平)の誤解を解くことができ、無事にマックスの回収を終えることができた。
  • ちょうどソウタの誕生日が近いことを知ったツカサたちは、マーシャと一緒に彼の誕生日パーティーを企画し、ミチルたちも巻き込んでソウタの母が得意だったケーキを作ることにする。それを口にしたソウタはようやく心を開き、これまでマーシャに悪態をついてきたことを涙ながらに謝罪し、彼女がいなくなった後もしっかり生きていくことを誓う。
  • ついに職場公認で恋人同士になったツカサとアイラだったが、緊張のあまり会話がたどたどしくなることにお互い悩んでいた。第1ターミナルサービスの面々や、アントニオの家を訪ねた際にサラからアドバイスを受けた2人は、一緒にオムライスを作ることにする。その日の帰り道、ツカサとアイラは初めて手をつなぐ。そして、帰宅後に一緒に作ったオムライスは、形は少し崩れていたが味は良くできていた。
  • 一方、ヤスタカはカヅキに対して「アイラの寿命が2000時間程度しか残されていないのに、なぜそれを言わずにツカサに託したのか」と問いを投げかけていた。
  • このことを通じて、ツカサとアイラは恋人同士になる前のように気軽に話すことができるようになり、より親密になることができた。そして寝る前、アイラはその日のできごとを「明日もツカサと一緒に特別な時間を過ごせたらいいな」と日記に書きとめるのだった。
  • 少女型のギフティア・ミラベル(声 - 井上遥乃)の回収同意書への署名をもらうため、オーナーのミネコ(声 - 山口享佑子)の家を訪ねたツカサは、滞り無く署名をもらうことができた。回収後のオプションを提示されたミネコは、迷うことなく「人格入れ替え後、もう一度一緒に過ごす」ことを選択した。数日後、第3ターミナルサービスの支局員であるギフティア・アンディ(声 - 小松未可子)が第1ターミナルサービスに出張にやってきた。アンディの姿を見たエルは、かつての親友であったギフティア・オリヴィアと再会できたと大喜びするが、アンディはそのオリヴィアが回収された後、人格を入れ替えられて生まれた存在だった。
  • 出会ってからの思い出を語り合いながら、お互いの好きな点を代わりばんこに言い合う中、ツカサはついにアイラの目の前で初めての涙を見せる。そんなツカサを優しく慰めながら、アイラはツカサにギフティアを眠らせる指輪を差し出し「最後の場所は、ここがいい」と望む。ツカサはアイラがそうしていたように「大切な人と、いつかまた巡り逢えますように」と語りかけながら、最初で最後のキスを交わし、アイラは安らかな寝顔を浮かべて眠りについた。全てが終わった後、2人を迎えに来ていたカヅキはツカサの頑張りを褒め称え、ツカサはアイラの身体を抱きしめて涙を流す。その頃、第1ターミナルサービスの面々も、アイラがそれぞれに宛てた手紙を読みながら涙ぐみ、彼女との別れを惜しんでいた。
  • ツカサとアイラの次の回収対象は、小学生の若苗ソウタ(声 - 福圓美里)の母代わりになっているギフティア・マーシャ(声 - 能登麻美子)。若苗家を訪れるなり、ソウタは「要らないからさっさと回収していって」と、すぐに回収同意書にサインしようとする。ツカサは一旦同意書を引っ込め、マーシャとソウタに事情を尋ねる。ソウタの両親は彼が幼い頃に亡くなり、彼には両親と過ごした記憶がほとんど無かった。だが、マーシャにはその頃の思い出があり、ソウタはそのことでコンプレックスを抱いていたのだった。
  • その直後、ツカサとアイラは遂にマーシャを発見するが、時既に遅くワンダラーとなってしまっており、アイラを負傷させてソウタを殺害しようとする。ツカサは最後まで諦めずマーシャを説得しようとするが、ソウタの危機を看過出来なくなり、ギフティアのプログラムを破壊する銃のトリガーを引いてしまう。
prop-ja:summarystyle
  • font-size: 90%;
prop-ja:title
  • 2 (xsd:integer)
  • タイトル
  • いつかまた巡り会えますように
  • うまく笑えなくて
  • はじめてのパートナー
  • もう、パートナーじゃない
  • オムライスの日
  • 上手なデートの誘い方
  • 同棲はじめました
  • 守りたかった約束
  • 想い出が埋まってく
  • 知らない花火
  • 祭りの後
  • 足を引っ張りたくないので
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 単行本1巻先行発売
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • プラスティック・メモリーズ Say to good-bye
  • プラスティック・メモリーズ
prop-ja:メカニックデザイン
  • 谷裕司
prop-ja:レーベル
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • okiura(キャラクター原案)
  • 林直孝(原作)
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:巻数
  • 既刊2巻
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 30.0
prop-ja:放送終了
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:放送開始
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • プラスティック・メモリーズ
prop-ja:監督
  • 藤原佳幸
prop-ja:背景色
  • #c9d3e8
prop-ja:脚本
  • 林直孝
prop-ja:製作
prop-ja:話数
  • 全13話
prop-ja:開始号
  • Vol.13
prop-ja:開始日
  • --04-30
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『プラスティック・メモリーズ』(Plastic Memories)は、2015年4月より6月まで放送された日本のテレビアニメ作品。通称は「プラメモ」。全13話。
rdfs:label
  • プラスティック・メモリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • プラスティック・メモリーズ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:4次番組 of
is foaf:primaryTopic of