Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プブリウス・ウェンティディウス・バッスス(ラテン語: Publius Ventidius Bassus, 紀元前89年頃? - 紀元前38年)は、共和政ローマ末期の軍人・政治家。第一回三頭政治の一角であったカエサル、および第二回三頭政治の一角であるアントニウスの旗下で職業軍人として働き、紀元前43年には補充執政官に就任している。また、共和政末期のローマ内乱に乗じてオリエントに侵攻したパルティア軍を撃退し、凱旋式挙行の栄誉を受けた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3270289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56771791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • プブリウス・ウェンティディウス・ バッスス
prop-ja:出生
prop-ja:出身階級
prop-ja:官職
  • 補充執政官
prop-ja:家族名
  • ウェンティディウス家
prop-ja:属州総督
  • ガリア・コマータ(紀元前41年)
prop-ja:指揮戦争
  • アマーヌス山の戦い(紀元前39年)
  • キリキアの門の戦い(紀元前39年)
prop-ja:死没
  • --01-01
prop-ja:死没地
prop-ja:渾名
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プブリウス・ウェンティディウス・バッスス(ラテン語: Publius Ventidius Bassus, 紀元前89年頃? - 紀元前38年)は、共和政ローマ末期の軍人・政治家。第一回三頭政治の一角であったカエサル、および第二回三頭政治の一角であるアントニウスの旗下で職業軍人として働き、紀元前43年には補充執政官に就任している。また、共和政末期のローマ内乱に乗じてオリエントに侵攻したパルティア軍を撃退し、凱旋式挙行の栄誉を受けた。
rdfs:label
  • プブリウス・ウェンティディウス・バッスス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of