Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • プファルツ家(フランス語: Maison palatine)は、ヴィッテルスバッハ家のうちドイツ・プファルツ地方を治めていた一門のことを指す。上バイエルン公兼ライン宮中伯ルドルフ1世を始祖とし、その息子ループレヒト1世は選帝侯位を獲得し、曾孫のループレヒト3世は神聖ローマ皇帝(正しくはドイツ王)に選出されている。ループレヒトの息子によって一族の分枝が形成され、その中でズルツバッハ家のカール4世フィリップ・テオドールはバイエルン家が断絶したことでバイエルン選帝侯位も継承し、続くビルケンフェルト家のマクシミリアン4世ヨーゼフは王号も獲得し、それは1918年まで続いた。また一族からは北欧3ヶ国(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー)の君主やギリシャ国王も出ている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2608728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57825216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • プファルツ家(フランス語: Maison palatine)は、ヴィッテルスバッハ家のうちドイツ・プファルツ地方を治めていた一門のことを指す。上バイエルン公兼ライン宮中伯ルドルフ1世を始祖とし、その息子ループレヒト1世は選帝侯位を獲得し、曾孫のループレヒト3世は神聖ローマ皇帝(正しくはドイツ王)に選出されている。ループレヒトの息子によって一族の分枝が形成され、その中でズルツバッハ家のカール4世フィリップ・テオドールはバイエルン家が断絶したことでバイエルン選帝侯位も継承し、続くビルケンフェルト家のマクシミリアン4世ヨーゼフは王号も獲得し、それは1918年まで続いた。また一族からは北欧3ヶ国(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー)の君主やギリシャ国王も出ている。
rdfs:label
  • プファルツ家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:王家 of
is foaf:primaryTopic of