Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派(英語表記: Bhutan Communist Party (Marxist-Leninist-Maoist)、略号:CPB (MLM)は、近年、ブータンで結成された非合法政党。ネパールのブータン難民で構成され、主にネパールの国連難民キャンプで「新・民主主義革命」と呼び、ブータンの君主制とワンチュク国王の打倒を目指している。党の実態についてはあまり知られていないが、規模は小さく、ヴィカルパ(Vikalpa)という人物が総書記として発表されており、ネパール内戦からインスピレーションを受けていると見られる。最初のプレスリリースがネパール共産党毛沢東主義派のウェブサイトを介して掲載された。このプレスリリースは、ウラジーミル・レーニンの誕生日にあたる2003年4月22日に日付がついていたので、大体、この頃に結成されたと推測されている。党は「Sikkimisation」(シッキムのようなインドへの併合)のプロセスを開始した君主制を非難して、強硬な反インド路線を取った。ヴィカルパは、総書記だったが、2008年1月に「非協力的で、地方自治主義かつ日和見主義的」として党から追放されたと報じられた。党には、軍事部門「en:Bhutan Tiger Force」がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1199598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57668167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派(英語表記: Bhutan Communist Party (Marxist-Leninist-Maoist)、略号:CPB (MLM)は、近年、ブータンで結成された非合法政党。ネパールのブータン難民で構成され、主にネパールの国連難民キャンプで「新・民主主義革命」と呼び、ブータンの君主制とワンチュク国王の打倒を目指している。党の実態についてはあまり知られていないが、規模は小さく、ヴィカルパ(Vikalpa)という人物が総書記として発表されており、ネパール内戦からインスピレーションを受けていると見られる。最初のプレスリリースがネパール共産党毛沢東主義派のウェブサイトを介して掲載された。このプレスリリースは、ウラジーミル・レーニンの誕生日にあたる2003年4月22日に日付がついていたので、大体、この頃に結成されたと推測されている。党は「Sikkimisation」(シッキムのようなインドへの併合)のプロセスを開始した君主制を非難して、強硬な反インド路線を取った。ヴィカルパは、総書記だったが、2008年1月に「非協力的で、地方自治主義かつ日和見主義的」として党から追放されたと報じられた。党には、軍事部門「en:Bhutan Tiger Force」がある。
rdfs:label
  • ブータン共産党マルクス・レーニン・毛沢東主義派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of