Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブーシーリス(古希: Βούσιρις, Būsīris)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してブシリスとも表記される。エジプト王エパポスの娘リューシアナッサとポセイドーンの子で、アムピダマースの父。ブーシーリスは残虐なエジプト王で、異国人をゼウスの生贄にしたが、ヘーラクレースに退治されたとされる。このブーシーリスの名は明らかにエジプトのオシリス信仰の中心地ブシリスに由来している。エウリーピデースはサテュロス劇『ブーシーリス』を書いたが散逸した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1748415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50675911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブーシーリス(古希: Βούσιρις, Būsīris)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してブシリスとも表記される。エジプト王エパポスの娘リューシアナッサとポセイドーンの子で、アムピダマースの父。ブーシーリスは残虐なエジプト王で、異国人をゼウスの生贄にしたが、ヘーラクレースに退治されたとされる。このブーシーリスの名は明らかにエジプトのオシリス信仰の中心地ブシリスに由来している。エウリーピデースはサテュロス劇『ブーシーリス』を書いたが散逸した。
rdfs:label
  • ブーシーリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of