Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ブヴァールとペキュシェ』(仏:Bouvart et Pécuchet)は、ギュスターヴ・フロベールの長編小説。思いがけず金利生活者となった初老の二人組ブヴァールとペキュシェを通してブルジョワ的な愚劣さ・俗物精神を諷した作品である。隠遁生活を送る二人組は興味の赴くまま実業や科学、文学、政治、宗教と次々に乗り出すが、中途半端な知識と浅慮によって滑稽な失敗ばかり犯してしまう。フロベールの最後の作品であるがその死によって未完に終り、死の翌1881年に遺作として刊行された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1898804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54189165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ブヴァールとペキュシェ』(仏:Bouvart et Pécuchet)は、ギュスターヴ・フロベールの長編小説。思いがけず金利生活者となった初老の二人組ブヴァールとペキュシェを通してブルジョワ的な愚劣さ・俗物精神を諷した作品である。隠遁生活を送る二人組は興味の赴くまま実業や科学、文学、政治、宗教と次々に乗り出すが、中途半端な知識と浅慮によって滑稽な失敗ばかり犯してしまう。フロベールの最後の作品であるがその死によって未完に終り、死の翌1881年に遺作として刊行された。
rdfs:label
  • ブヴァールとペキュシェ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of