Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブロードバンドインターネット接続(ブロードバンドインターネットせつぞく、BIA:Broadband Internet access)とは、大容量通信ができるインターネット接続サービスを指す。比較的低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどを「ナローバンド」と称しているが、これに比較して大容量な場合に、「ブロードバンド」と称される事が多い。米国では、2010年に米連邦通信委員会(FCC)が下り4Mbps/上り1Mbpsをブロードバンドとしていたが、2015年からは下り25Mbps/上り3Mbpsをブロードバンドとしている。日本では、通信帯域(スループット)がおおよそ下り1Mbps以上でSD解像度の動画が無理なく再生できる速度のときに呼ばれることが多いが、明確な線引きはない。総務省による統計では、通信帯域ではなく、FTTH、xDSL、CATVモデムによる接続方式によるインターネット接続をブロードバンドインターネット接続としている。よって、実効が50kbpsという低速なADSLの接続であっても、ブロードバンドインターネット接続として集計されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59258100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブロードバンドインターネット接続(ブロードバンドインターネットせつぞく、BIA:Broadband Internet access)とは、大容量通信ができるインターネット接続サービスを指す。比較的低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどを「ナローバンド」と称しているが、これに比較して大容量な場合に、「ブロードバンド」と称される事が多い。米国では、2010年に米連邦通信委員会(FCC)が下り4Mbps/上り1Mbpsをブロードバンドとしていたが、2015年からは下り25Mbps/上り3Mbpsをブロードバンドとしている。日本では、通信帯域(スループット)がおおよそ下り1Mbps以上でSD解像度の動画が無理なく再生できる速度のときに呼ばれることが多いが、明確な線引きはない。総務省による統計では、通信帯域ではなく、FTTH、xDSL、CATVモデムによる接続方式によるインターネット接続をブロードバンドインターネット接続としている。よって、実効が50kbpsという低速なADSLの接続であっても、ブロードバンドインターネット接続として集計されている。
rdfs:label
  • ブロードバンドインターネット接続
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of