Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブロックショット(blocked shot)とは、バスケットボールにおいて、ディフェンスの選手が相手のシュートを防ぐことである。「ショット(シュート)」を「ブロック(防ぐ)」すると言う事。単に「ブロック」と呼ぶこともある。オフェンスの選手によってシュートされたボールがリングに向かって投げられ、上昇している際にディフェンスの選手が手を出してシュートコースを断ち切ればブロックショットが成立する。ただし、シュートされたボールが頂点から降下している時にボールに触れた場合は「ゴールテンディング」という反則になり、相手の得点となる。シュートを阻止するという性質上、得意とする選手はセンターやパワーフォワードなど長身の選手に多い。NBAなどのプロでは、守備において最も歓声が起こる行為の1つである。また、単純に長身選手だけが得意にしていない場合もあり(長身であっても苦手とする選手も数多い)、体格やセンスが問われる行為ともいえよう。ブロックショットもアシストやリバウンドなどと同様に記録される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 819907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59005541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブロックショット(blocked shot)とは、バスケットボールにおいて、ディフェンスの選手が相手のシュートを防ぐことである。「ショット(シュート)」を「ブロック(防ぐ)」すると言う事。単に「ブロック」と呼ぶこともある。オフェンスの選手によってシュートされたボールがリングに向かって投げられ、上昇している際にディフェンスの選手が手を出してシュートコースを断ち切ればブロックショットが成立する。ただし、シュートされたボールが頂点から降下している時にボールに触れた場合は「ゴールテンディング」という反則になり、相手の得点となる。シュートを阻止するという性質上、得意とする選手はセンターやパワーフォワードなど長身の選手に多い。NBAなどのプロでは、守備において最も歓声が起こる行為の1つである。また、単純に長身選手だけが得意にしていない場合もあり(長身であっても苦手とする選手も数多い)、体格やセンスが問われる行為ともいえよう。ブロックショットもアシストやリバウンドなどと同様に記録される。
rdfs:label
  • ブロックショット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of