Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブレムセブルー条約(スウェーデン語:Freden ved Brömsebro, デンマーク語:Freden i Brömsebro ; ブロムセブロー条約とも)とは、トルステンソン戦争の結果、フランスおよびオランダの調停により、1645年2月8日にスウェーデン、デンマーク両国に締結された講和条約である。デンマークは、スウェーデンに、ノルウェー領のイェムトランド、ハルイェダーレン、ハッランドを割譲した。デンマーク本領からは、エーレスンド海峡の自由通航権及びゴットランドを割譲している。また、神聖ローマ帝国の司教区であるブレーメンとフェルデンもこの時失った。スウェーデンは、後に、三十年戦争の講和条約、ヴェストファーレン条約でこの2都市を獲得する事となる。スウェーデンは、スカンディナヴィア半島南端スコーネ地方を占領していたが、これは返還された。この領土策定に関しては、スウェーデン宰相オクセンシェルナら、幕僚には不満があったとされている。この頃になると、グスタフ2世アドルフの遺児クリスティーナ女王が親政を開始し、オクセンシェルナら守旧派を疎んじ始めたからである。この戦争においても、戦争終結をまず前面に押し出し、デンマークへの和解を急がせている。これは当時、継続していた三十年戦争に対しても、女王は同様に戦争終結を主点に置いていた。この条約にしても、女王の示した態度は、寛大でありすぎたと言えなくもない。とは言え、この戦争と講和条約は、スウェーデンとデンマークの立場を全く逆転させるものであったと言える。デンマークは、バルト海から追いやられ、スウェーデンがバルト海および北方ヨーロッパの覇権を獲得したのである。この条約の内容は、スウェーデンのバルト海の盟主としての「バルト帝国」が確立した事を、明白に示すものであったと言える。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 450101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55652405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブレムセブルー条約(スウェーデン語:Freden ved Brömsebro, デンマーク語:Freden i Brömsebro ; ブロムセブロー条約とも)とは、トルステンソン戦争の結果、フランスおよびオランダの調停により、1645年2月8日にスウェーデン、デンマーク両国に締結された講和条約である。デンマークは、スウェーデンに、ノルウェー領のイェムトランド、ハルイェダーレン、ハッランドを割譲した。デンマーク本領からは、エーレスンド海峡の自由通航権及びゴットランドを割譲している。また、神聖ローマ帝国の司教区であるブレーメンとフェルデンもこの時失った。スウェーデンは、後に、三十年戦争の講和条約、ヴェストファーレン条約でこの2都市を獲得する事となる。スウェーデンは、スカンディナヴィア半島南端スコーネ地方を占領していたが、これは返還された。この領土策定に関しては、スウェーデン宰相オクセンシェルナら、幕僚には不満があったとされている。この頃になると、グスタフ2世アドルフの遺児クリスティーナ女王が親政を開始し、オクセンシェルナら守旧派を疎んじ始めたからである。この戦争においても、戦争終結をまず前面に押し出し、デンマークへの和解を急がせている。これは当時、継続していた三十年戦争に対しても、女王は同様に戦争終結を主点に置いていた。この条約にしても、女王の示した態度は、寛大でありすぎたと言えなくもない。とは言え、この戦争と講和条約は、スウェーデンとデンマークの立場を全く逆転させるものであったと言える。デンマークは、バルト海から追いやられ、スウェーデンがバルト海および北方ヨーロッパの覇権を獲得したのである。この条約の内容は、スウェーデンのバルト海の盟主としての「バルト帝国」が確立した事を、明白に示すものであったと言える。
rdfs:label
  • ブレムセブルー条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of